ボイス 110緊急指令室1話ネタバレ感想!ECU新設・凄腕刑事とボイスプロファイラー

▼監察医朝顔・ルパンの娘・仮面同窓会▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

2019年7月13日に放送されたドラマ『ボイス 110緊急指令室』第1話のあらすじ・ネタバレ感想を公開してます。

そして、視聴した感想や反応を見ていき、第1話を見逃した人には、動画を高画質で無料視聴する方法などを紹介していきます!

スポンサードリンク
レクタン大

ボイス 110緊急指令室1話のあらすじとネタバレ

1話あらすじ

3年前、横浜―。検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長・『ハマの狂犬』の異名を持つ樋口彰吾(唐沢寿明)はその日、犯罪グループの張り込み中、妻・未希(菊池桃子)からの着信に気づくものの、業務を優先してしまう。その着信が妻からのSOSだとは知らずに……。

その頃、再開発地区では、謎の殺人鬼に追われ恐怖の中で息を潜める未希が、110番に助けを求めていた。

港東署の緊急指令室で未希のSOSに応じた警部補・橘ひかり(真木よう子)は、その声に緊急性を感じるが、一度切れた通話にコールバックしたことで殺人鬼に居場所を知らせ、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう―。

後輩の石川透(増田貴久)から事件の連絡を受けた樋口は、同期の強行犯二係・沖原隆志(木村祐一)の制止を振り切り、惨殺された妻の姿を目の当たりにして言葉を失うのだった。

1ヶ月後。法廷には未希殺害の被疑者・相良(平原テツ)の姿が。事件当日は泥酔状態で何も覚えていないという相良に対し、検察側の証人として証言台に立ったひかりが、相良の声が電話で聞いた犯人の声ではないと証言する。

通話記録を調べればわかると話すひかりだが、提出された証拠には犯人の声は記録されておらず……。相良の犯行を確信する樋口は、ひかりの証言に逆上し、法廷は混乱に包まれる。

3年後―。交番勤務に配置換えになった樋口は、かつての同僚たちからも煙たがられるほど落ちぶれていた。

一方、科捜研で難事件を解決し実績を積んだひかりは、自ら希望を出し港東署の緊急指令室長に就任。被害者を迅速に救出するためのチーム、“ECU(Emergency Call Unit)”の設置を警察幹部たちに提案する。

ひかりは樋口を新しいチームの現場リーダーにするつもりだと話すが……。

引用:ボイス 110緊急指令室 公式 HP

1話ネタバレ

3年前、捜査一課の敏腕刑事樋口彰吾は、検挙率トップを誇る港東署強行犯一係の係長でハマの狂犬と呼ばれていた。

ある日、樋口は犯罪グループの張り込み中、妻の未希からの着信に気づいたが、それがSOSだとは知らずに業務を優先してしまう。

その頃、謎の殺人鬼に襲われ身を潜めていた未希が110番に助けを求めていた。

その電話に応じたのは、警部補の橘ひかりで、未希の声に緊急性を感じたが、未希は花火の音に驚き、電話を切ってしまった。

ひかりはためらいながらもコールバックしてしまい、犯人に未希の居場所を知られてしまった。

ひかりは、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう。

仲間と祝杯を上げていた樋口は、後輩の石川から未希が殺されたと連絡を受け、強行犯二係の沖原の制止を振り切って、残酷な現場を見てしまった。

一ヶ月後、法廷には未希殺害の被疑者、相良の姿があった。

相良は、事件当日は泥酔していて何も覚えていないと話したが、検察側の証人として、通報を受けた声紋分析官の橘ひかりが出廷し、「事件の時に聞こえた声が、相良とは違う」と証言した。

ひかりは、通話記録を調べれば分かると言うが、提出された記録には、犯人の声は記録されていなかった。

驚いたひかりは、通話で聞いた内容を正確に話したが、相良の犯行だと確信していた樋口は、ひかりの証言に逆上し、相良に殴りかかるのだった。

3年後、交番勤務に配置換えになった樋口は、未だに逃亡中の相良を追っていて、かつての同僚から煙たがられるほど落ちぶれてしまっていた。

一方で、科捜研で実績を積んだひかりは、自ら希望を出して港東署の緊急指令室長に就任し、被害者を迅速に救出するためのチーム、ECUの設置を提案した。

樋口は、ひかりを問い詰めたが、そんな中、緊急指令室に萩原夏美という若い女性から通報がある。

一刻を争うと判断したひかりは、自ら指揮を執った。夏美は、ネットで知り合った男に殴られ、閉じ込められたのだと言う。

ひかりは樋口に急行するように命じ、反対する沖原を、必ず夏美を救ってみせると言って説き伏せた。

樋口は透と共に現場に向かい、3階以上の建物を探した。

夏美は戻ってきた犯人から逃げて身を潜めていたが、夏美はドアの前で落とし物をしてしまい、犯人に居場所を知られてしまった。

ひかりは音から犯人が大型のハンマーを持っていることに気づき、未解決の連続殺人と同じ犯人だと突き止めた。

樋口は、立入り禁止となっている港商店街跡地で、夏美が言っていたキラキラ光る何かを突き止めろと言う。

ひかりは水槽だと気づき、アクアショップ横浜だと割り出した。

樋口は急いで現場に急行したが、犯人は既に夏美にハンマーを振り上げていた。

スポンサードリンク

ボイス 110緊急指令室1話の見どころ・期待ポイント

●妻を殺された刑事、樋口と父を殺された声紋分析官橘ひかりが協力しあって人々を救っていくサスペンス。

3年前に妻を残虐な方法で殺されて光の証言によって、未解決になったことを悔やんでいた。樋口はひかりに詰め寄る。

これからの展開は緊急指令室に様々電話がかかってきて、樋口とひかりはひとつひとつ解決していく展開になると思います。

みどころは、妻を殺されて、ひかりの証言で未解決になってしまい、ひかりに反発していた樋口がだんだん信頼していくところです。

信頼から恋愛に発展していくかも知れません。最終回は、遂に樋口の妻を殺した犯人が分かり、ひかりと協力して逮捕されると思います。唐沢さんと真木よう子さんのタッグ楽しみにしています。

<50~60代女性.みえこ>

●3年前、非常時の妻からの電話を無視してしまった刑事・樋口(唐沢寿明さん)は、その妻を何者かに惨殺されてしまいます。

樋口の妻(菊池桃子さん)が110番通報をした時、緊急司令室で応答した橘ひかり(真木よう子さん)は、樋口の妻が惨殺される一部始終の音声を聴いてしまいます。

1か月後、その事件の被疑者が法廷でまさに裁かれようとした時、橘は、樋口の妻が殺された時に聴いた犯人の声と、被疑者の声が一致しないと証言します。

通話記録を調べればわかると言う橘の言葉に、記録は確認されましたが、そこには犯人の声は入っていませんでした。

このドラマの見どころは、110番通報をしてきた人たちを制限時間内に助けると言うタイム・リミット・サスペンスです。

私は樋口の妻を殺した犯人は増田貴久さん演じる刑事の石田か、樋口の同僚の沖原(木村祐一さん)が怪しいと思っています。最後に樋口か犯人か、もしくはどちらもが死ぬと思います。

<30~40代女性.さき>

●かつての面影がなくなるほどに、落ちぶれてしまった男が、同僚に声をかけられ昔の自分を取り戻すために奮闘する話になると思うのですが、どんな風に変わっていくのかが見どころになると思います。

他の作品では、昔の勘をすぐに取り戻して活躍していく話が多いのですか、このドラマでは、失敗して上手くいかなくて辞めたくなって、でも仲間の力を狩りながらそれを乗り越えて、少しずつ昔の自分を取り戻していく姿が見たいなと思います。

<30~40代女性.くく>

ボイス 110緊急指令室1話の感想・ネットの反応

●1話の面白かったところは、緊急指令室というところのシステムを知ることが出来たことです。

人は、何か事件や事故があると必ず110番しますが、本人が住所がわからないときは、近くの目印になるもので、場所を特定出来ると知り、感激しました。

それから、真木よう子演じる橘ひかりが声紋分析官という仕事が電話先の音や声で場所や人を判別出来るというところもこのドラマで知ることが出来ました。この点に大変面白さを感じました。

ドラマ全体が面白かったですが、残念なのは、樋口が妻を殺された後、相良を殴ってしまった後、交番勤務になった設定になっていたと思いますが、そこが描かれていなかったような気がします。

同僚は、刑事課のままだし、そこはどうなっているのかなあ、省略してしまったのかなと残念に思いました。

それから、オープニングからいきなり、妻の未希が追いかけられているところから始まってしまっているので、なぜかなと思ってしまいました。

<50~60代女性.みえこ>

●大事な家族を殺された主人公役の唐沢寿明さんが、真木よう子さんに食ってかかるシーンです。

真木さんの顔の至近距離まで顔を寄せて、あんな真顔で怒りをぶつけられたら、普通の女性なら怖くて引いてしまうのではないでしょうか。

もうひとつ、正確なセリフは思い出せませんが、唐沢さんが真木さん演じる橘ひかりに、深呼吸して自分に的確な指示を出せ、出してくれたら自分は動く、みたいな言葉を言っていました。

出動当初はあまり主人公は気乗りしていないような印象でしたが、全力で人命を助けようとしているのが十分に伝わり、かっこいいなと思って見ていました。

主人公を演じる唐沢寿明さんが、真木よう子さんが演じる橘に背中を向けて現場へ急ぐシーンがありました。

警察署内の廊下を小走りに走り、階段側に折れて階下へ走るシーンですが、走り方に威厳を感じられませんでした。

近所のおじちゃんがスーパーに走っているような、例えがうまく浮かびませんが…。

唐沢寿明さんは普段かっこいい役をされることが多いので、できれば颯爽とその場を走り去ってほしかったところです。

走り去る背中からできる男を感じたかったです。

あと、細かい話ですが、主人公が大事な家族を殺した(と思われる)犯人を殴っていましたが、こぶしが微妙に顔面をずれていたように見えました。

主人公の顔に殴られた犯人の血が跳ね返っている中で、ちょっと現実味に欠ける感じでした。

<30~40代女性.あさがお>

スポンサードリンク

ボイス 110緊急指令室1話動画見逃した人へ!高画質で無料視聴できる方法を紹介!2019年7月現在

ドラマ『ボイス 110緊急指令室』1話を見逃した人に向けた、地上波放送後1週間以内は「Tver」、1週間以上経過している場合は「hulu」で全話見放題できます。

「Tver」はこちら

Tver

「hulu」はこちら

※より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ボイス 110緊急指令室』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

スポンサードリンク

こちらも読まれてます

ボイス 110緊急指令室キャスト相関図・ゲスト出演者一覧!【タイムリミットサスペンス】

ボイス 110緊急指令室視聴率と評判評価!最終回まで随時更新

ボイス110緊急指令室 原作最終回ネタバレ結末と感想!日本版見どころ期待どころ!

ボイス 110緊急指令室 主題歌ED/OPテーマ挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

ボイス 110緊急指令室 最終回はいつ?全何話まで?放送はいつから始まる?

ボイス 110緊急指令室が面白くない・つまらない口コミと面白い・見どころシーンはここ!

ボイス 110緊急指令室 動画1話をPandora,dailymotionで無料視聴!7月13日放送日

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする