TWO WEEKS ロケ地病院場所はどこ?はなが入院している病院は?土浦協同病院

▼監察医朝顔・ルパンの娘・仮面同窓会▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

ドラマ『TWO WEEKS』のロケ地で、結城大地の娘・はなが入院している病院はどこなのでしょうか。

大地は父親として、そしてドナー適合者として白血病を患う娘を助けるために、はなの病院へ向かう。

今回、ドラマ『TWO WEEKS』で、とても重要な病院のロケ地場所はどこなのか見ていきたいと思います。

スポンサードリンク
レクタン大

TWO WEEKS ロケ地病院場所は土浦協同病院だった!

ドラマ『TWO WEEKS』の病院のロケ地として撮影があった場所は、土浦協同病院という病院です!

出典:土浦協同病院HP

名称:土浦協同病院

場所・住所:〒300-0028 茨城県土浦市おおつ野4丁目1−1

こちらの病院は、茨城県土浦市にある総合病院です。

土浦市真鍋新町から土浦市おおつ野に引っ越しして、2016年に建てられたばかりの病院。

スポンサードリンク

はなが入院している土浦協同病院の内装は?

土浦協同病院のロビーが映し出されていますが、緑と白の椅子がこの病院の特徴なんですね。

1話で、はなちゃんが大地に大切な人形を渡した時のワンシーン。

大地は頑なに父親であること拒否していたが、病院のベットの下で夫婦の写真を持っていたはなちゃんは、すぐにパパであることに気づきました。

次に会うときに、大地はその人形を持って再びこの病院へやってくることができるのでしょうか。

スポンサードリンク

ロケ地病院を見た視聴者の反応

そうなんです、中条あやみさんと水川あさみさんの主演ドラマ『白衣の戦士』でもロケ撮影があった病院だったんです。

外装・内装とも特徴的なので分かりやすかったかもしれませんね。

まとめ

2019年ドラマ『TWO WEEKS』の病院のロケ地場所は、茨城県土浦市おおつ野にある土浦協同病院でした。

三浦春馬さん演じる結城大地は、決死の逃亡劇を繰り広げることになります。

骨髄移植手術まで2週間に迫った大地は、無事にはなの待つ病院へたどり着けることができるのか。

ロケ地の病院も重要ですが、難しい役を演じている子役は誰なのかが気になります。子役を演じる稲垣来泉ちゃんの詳細はこちらから。

TWO WEEKSはな役(子役)は稲垣来泉!韓国版は誰だった?比較してみた!

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする