ストロベリーナイトサーガ最終回まで視聴率と感想評判を随時更新

▼監察医朝顔・ルパンの娘・仮面同窓会▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

2019年春ドラマ『ストロベリーナイトサーガの前評判と放送後の評判との違いや、視聴率から視える感想・評価を最終回まで。

ドラマ『ストロベリーナイトサーガ』の主演を務めるのは二階堂ふみ・亀梨和也さんです。

主人公の姫川玲子(二階堂ふみ)は、ノンキャリアながらも、27歳という若さで警部補に昇任した警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任。

その部下である巡査部長・菊田和男(亀梨和也)は、姫川刑事の身分での優秀さと人間的魅力に徐々に気づき始め、自分の考えや心の内から姫川のナイトとして行動する。

姫川は、捜査一課で唯一女性班長として、判断力・飛躍した考察、行動力に優れた『姫川班』を引っ張り、数々の難事件の真実や英雄伝として語られていきます。

『ストロベリーナイトサーガ』の前評判や放送されてからの視聴者の評判・感想を1話~最終回まで更新していき、最終的にはどのように評価されていくのでしょうか。

放送された後に、ここが面白い・又は面白くないといった視聴者からの感想・評判などの反応を毎話取り上げていきます。

それと、このドラマ枠の過去の視聴率と比較して、今作『ストロベリーナイトサーガ』の評判がどうのように評価されていくのか、1話~最終回までの視聴率の変化もまとめています。

この記事では、前評判と放送後の評判の違いなどを見ると面白いかもしれません。

スポンサードリンク
レクタン大

ストロベリーナイトサーガの前評判は?主演:二階堂ふみ・亀梨和也

果たして視聴する人は『ストロベリーナイトサーガ』主演を務める二階堂ふみ・亀梨和也さんの、放送前の評判は?どのようなコメントをしているでしょうか。

ストロベリーナイトサーガ番宣情報!CM予告動画も一挙公開!亀梨和也出演番組

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガの評判・評価は?感想と視聴率の変化を見る!

1話~最終回まで放送された後の視聴者の感想・評判を取り上げていき視聴率を公開していきます。

1話 視聴率7.8%(2019年4月11日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ1話ネタバレ評判感想!無敵の女性警部補姫川玲子の決意

「あなたと一緒」というセリフに、とても悲しさとくやしさを感じました。危害殺人を加えていたF・主人公自身も犯罪に巻き込まれ、トラウマを抱え生きていくという姿がとても考えさせられます。

犯罪で誰かを傷つけないと自分自身が生きている感覚がうまれないという精神状態がとてもよく表現されていました。

感情移入してしまい、自分自身の生活の一部にも当てはまる部分があるよね!と考えてしまうほどの出来でした。

役者さんの演技のうまさも良い感じ!2話以降も必ずみたいなって!思える脚本&演技でした。

情報をもらうために、バーに入り昔捕まえたやつの力をかりたいという設定がちょっと無理感があったかな。ちょっと若すぎる2人ともうちょい悪悪感があったらいいなという感じ。

すぐに足がつきそうなバー設定がドラマなので、もっとイケイケ女子とぐーたら男子のセットにしてほしいと思った。

せっかくなので、場末感が強くてもいいのかなと。ストロベリーナイトがストロベリー過ぎましたが、この先も苺が出てくる感じなのかな?と感じました。

2話 視聴率6.4%(2019年4月18日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ2話ネタバレ評判感想!切断された左手首の謎と高岡賢一の正体

姫川が過去の自分の事故を思い出し立ちすくんでいたシーンで、菊田がそれに気づき「送っていきますよ」とざりげなく伝えるシーンが良かったです。

本当なら姫川は自分の負い目を菊田に感づかれたと思うのでは?と思いましたが、素直にあとを着いていくのは、姫川の女性らしい一面を見た気がします。

また物語の中で、高岡の証言を店主に聴きに行ったとき、徐々に話が噛み合わなくなり、姫川がそれに気づくシーンは面白い展開でした。

ひと通り捜査の展開を視聴者に見せたあと、これまでの捜査の勘違いがわかりやすく出せていたと思います。

このドラマは姫川と菊田のW主演で描かれていますが、まだ少し菊田の出番が少ないような気がします。

今回も姫川は今野と行動を共にして、今野とのコミカルなやりとりは面白かったのですが、出来ればこのシーンは菊田と一緒にやってほしかったなと思いました。

もちろん今野と菊田は性格が全く違うので描き方は違うようにしてほしいですが、前作の菊田はユーモアもある性格で描かれていたので、今作で少しイメージが変わっています。

今回姫川が菊田に打ち解けていくシーンも描かれていたので、次回以降に期待したいと思います。

3話 視聴率6.6%(2019年4月25日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ3話ネタバレ評判感想!戸籍交換の結末と遺体の成りすまし

まさかの展開に驚きが隠せませんでした。真相が分かったときにはとてもビックリしました。

前回の流れからして三島が犯人だと思っていました。

今回は、内容がとても重たかったのですが、高岡の死にはいろいろな理由があるということが分かり涙が止まりませんでした。

相手を思う気持ち故に、自らの左手首を切り落とすという行動にはとてもビックリしました。

最後のシーンは本当の親子のように見えました。二人の絆を感じることができました。

見るに堪えないシーンがたくさんありました。手首を自ら切り落とすシーンはとても衝撃的でした。実際に現場で見ているわけではないのですが、目をそらしてしまうほどでした。

人を殺すシーンはとても怖かったです。亀梨さんと二階堂さんがもっと距離が縮まっていくかと思っていたのですが、そこまでまだ距離が縮まっていないということが分かり残念でした。

亀梨さんはまだ壁を感じます。もっと仲間になって頑張ってほしいなと思います。

4話 視聴率6.7%(2019年5月2日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ4話ネタバレ評判感想!憧れの刑事の殉職と刑事としての信念

姫川の現在に至る心情や優しさが、うかがわれた。

回想のシーンで、母が同窓会に行っていると電話で聞いて、大丈夫と言ったあと、何故か人気のない公園を夜に横切ろうとする。

何でこんな夜暗いのに、わざわざ人気のない公園をあえて行こうとしたのか、突っ込みどころ満載であるが、姫川は被害にあう。

母親は、何故その時すぐ家に帰らなかったのか今でも自身を攻めており、心臓病もあり、入院してしまった母親に対して、事件で受けた心の傷は今も癒えてないが、献身的に尽くしてくれ犯人を捕まえようとして殉職した佐田の思いに答えるため、事件のことは乗り越えているので、心配しなくていいと言った母の心の傷を癒そうとわかりやすく説明している、優しさに心を打たれた。

一方でクニオカ先生が、登場し、姫川好きで直情型の男で、おたちゃめで、殺伐としたこのドラマのオアシス的な存在になり得る人物であるのに、本部での説明は、端的にと言われたり、説明の途中でさえぎられたりと、さんざんで、この話にその後登場しなかった。

せっかく初登場なのだから、また事件の発見者なのだから、事件が先生のおかげで解決したとか、犯罪の手口を説明してあげたり、今回の事件の感想を求めたり、笑顔を見せて、姫川をデートに誘うなどの絡みがあってもよいのではないか。

冒頭に登場させてその後ほったらかしなのは、常識から考えてあまりいただけなかった。

視聴率は翌日の朝10時頃になります。

5話 視聴率6.7%(2019年5月9日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ5話ネタバレ評判感想!マジック?超能力?謎の死の真相はガンテツが知る?

今回は姫川のパートナーのおばさんで女性コンビで事件解決には最初から楽しみでした。

ストロベリーナイトシリーズは、他の刑事もののドラマよりも暗くてグロテスクでいつも見るたびドキドキ、ヒヤヒヤするドラマです。

初回で新しく姫川班に入った菊田、亡くなった警察官の代わりに姫川班に入ったノリがチーム一丸となって事件を解決していく様子が分かる第5話だった。

姫川に対して気持ち悪い絡みかたをする勝俣が、被害者の恩人だったどんでん返しは、少し心温まるストーリーだった。

前回の竹内結子のストロベリーナイトがとてもよかったからか、菊田役に亀梨和也がいつも納得しない。

ぶっきらぼうでそれでいても姫川に心を寄せていき、心配するといった役柄だと思うが、まず見た目が良すぎて陰険に見えないし、亀梨和也のぶっきらぼうは見ていてもしっくりこない。

超能力を信じない、真実だけを突き止めていって、いろんな問題を潰していくといっていながら、自分の直感を信じて仮説を立てて推理していく、ちょっと矛盾があったのが気になった。

6話 視聴率6.8%(2019年5月16日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ6話ネタバレ評判感想!葉山の過去トラウマ、姫川の思い

被害者が犯人を知っていたのに隠してたのが面白かったです。

まさか自分の息子に殺されかけるなんて、衝撃の事実だったので、えぇー?!となりました。

その息子は母親を殺したと思い、自殺未遂したのも哀しくて、久しぶりにドラマで面白くて考えさせられるストーリーでした。

息子の気持ちを思うと本当に辛くなりました。

実の母親から殺人者扱いされた子供の心はどこまで傷付いて、それでも母親を求めるのかと知らされました。本当にいいストーリーでした。

主人公が淡々とし過ぎてたので、もっと感情を出して欲しいなと思いました。

クールキャラなのは分かりますが、今回のストーリーなら少しでも感情をしっかり出して欲しかったなと思いました。

こんなに悲しい結末の事件なのに、あまり感情を出さずに犯人の気持ちを知った後でも演技が変わらなかったのが、少し疑問に思いました。

クールと冷酷な演技は違うだろと思いながら観てました。難しい演技とは思いますが、悲しい結末の事件ならしっかり感情を出して欲しいです。

7話 視聴率6.2%(2019年5月23日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ7話ネタバレ評判感想!姫川の運命の男・牧田勲(山本耕史)、雨の中の出会い

姫川がどうしても牧田に惹かれてしまうところがよく伝わってきてとても切なくなりました。

とくに、他の会の人たちと争う牧田の刺青が見えてしまったときは、まるで時が止まったかのようなショックな表情をしていて印象的でした。

素性がバレても、姫川の腕を掴んで走り出した牧田も、同じように姫川に惹かれているんだろうなと感じました。

しかも、その走り去るシーンを菊田が見ちゃうっていうところもものすごく切なくて、最後のシーンにかなり心をやられてしまいました。

ガンテツが、姫川に柳井健人の操作をやめさせるために脅すシーンがとても不愉快でした。

暴行の被害者である姫川に向かって、「体で分からせてやろうか」なんて、どうしてあんなことが言えてしまうんだろうかとかなり腹が立ちました。

警察とかそういう以前に、人としてどうなのかなと感じました。

また、もう少し姫川・菊田・牧田が惹かれている相手について言葉で言及するシーンがあってもいいかなと思いました。全て憶測でしか判断できないため、モヤモヤします。

8話 視聴率5.2%(2019年5月30日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ8話ネタバレ評判感想!通り雨のように去っていった姫川の恋

今回8話の面白かった部分は7話からの続きだったのもあり、絶対に見逃せないという気持ちにさせてくれました。

そして姫川と不動産業者を装っていた本当はヤクザの牧田との秘められた関係も良かったです。

警察官とヤクザなんて恋に落ちたらいけない立場なのにお互い惹かれあっていき、ダメと分かっていても運命を感じる様子が上手く描かれていたと思います。

菊田のいつも姫川を心配する様子が恋心なのかな?とか予測させられる感じも好きです。

私的には最後に牧田の子分が姫川を襲って来て、牧田それをかばった事によって命を落としたの?かどっちかは不明ですが、出来れば彼がさされずに、もしくはさされても命は助かる状態で、その後の2人みたいのがちょっと見てみたいなと思いました。

後、江口洋介さんの演技がうまいですが時々くさく見えてしまう時があります。間のため具合とかが。

内容はとてもいいのですが、ちょっと柳井の家族が不幸過ぎて最後はなんか悲しい気分になりました。

9話 視聴率6.2%(2019年6月6日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ9話ネタバレ評判感想!姫川班が再起不能!?菊田の心情とは…

すごく姫川がかわいそうでした。牧田が死んでしまってその時に泣き叫ぶ姫川の叫び声が上手でした。

すごく悪い人とは思いながら、自分と似ている匂いがすると言われて姫川も強烈に惹かれてしまったのかと思いました。

牧田が死んでから少し考え、違う部署に行かされてそこで新しい人達との仕事が面白そうです。

ここでの仕事ぶりも姫川流を貫いているので凄いです。変装が面白かったです。色々変装して事件をどんどん解決して欲しいです。

姫川と牧田のシーンが少し物足りなかった。そこまで好きになるのに要素がすくな過ぎるかなと感じました。

恋愛の部分はあまり刑事ものは少ないなので、姫川と菊田の部分ももう少し描いて欲しくて菊田がもう少し姫川の事を好きだというアピールを見たかったです。

牧田と菊田の違いを姫川が感じているのをもう少し見たくてもったいないなと感じました。菊田のアグレッシブな部分も少し見たいです。男女のエピソードが少し物足りなく感じました。

10話 視聴率6.2%(2019年6月13日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ10話ネタバレ評判感想!ブルーマーダーの意味・目的は?

もともとは警察のスパイだったはずの人が、その正義を違えてしまい、完全に悪の道に堕ちてしまったシーン。

要潤の迫真の演技もあいまって、胸を打つ悲しさがあった。

いつもは結構いい役・優しい役の多い俳優さんだけにびっくりしたし、そのことを突き止めた新・姫川班の努力が報われた瞬間だったし、旧・姫川班のメンバーがそろいぶみになったところも良かった。

ノリの安否がとても気になるところなので、来週もぜひ見たいと思っています。

いつの間にか数年の年月が流れていて、メンバーの役職や経歴、プライベートにも大きな変化があったのに、それをさらっと流してストーリーが進んでしまったとことが少し残念に思った。

最終回、少しエンドを迎えた後にふわっと簡単な説明があるとうれしいなと感じた。

急に昇進していたり、急に役職からはずされていたり、刑事ドラマにあまりなじみのない視聴者などには少しばかりわかりにくいのではないでしょうか……?説明がほしかったです。

最終回(11話)視聴率7.9%(2019年6月20日放送)/ネタバレ感想!

ストロベリーナイトサーガ最終回(11話)ネタバレ評判感想!ブルーマーダーの結末!

今回良かったところは、玲子が立てこもり現場に入っていって、犯人と対峙しながら自分の過去やその後の生活について殺伐と話すシーンです。

髪をかきあげ、今までよりも強さを前面に出した演技で、犯人の気持ちがわかる玲子だからこその、交渉方法だったように思います。

菊田も怪我で弱ってるにもかかわらず、犯人に飛びついて逮捕へ繋げたところが、意地でも玲子を守るという気持ちが見え、よかったです。姫川班が復活したような感じがして嬉しかったです。

菊田はすでに結婚してしまいましたが、菊田と玲子の関係は玲子にとって良いものだと思っていたので、今後上司と部下としての関係を貫くという二人の決断に少し残念だと思いました。

ブルーマーダーが捕まり、事情聴取をしていると玲子は犯人の気持ちがわかり、犯人の供述を引き出すこともできましたが、それをガンテツに怒られた理由がよくわかりませんでした。

ブルーマーダーの話全体的にですが、出てくる人の名前(刑事や組員、組の種類)が多く正しく把握するのに少し時間がかかりました。

ストロベリーナイトサーガ視聴率・評価予想とフジ・木10枠の視聴率を考察!

フジ/木10枠ドラマで、昨年度の春から(初回・最終回・全話平均)視聴率・評価はどうだったのでしょうか。見ていきましょう!

●2018年春ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」

初回(第1話)視聴率 5.1%
最終回(第10話)視聴率 6.8%

全話平均視聴率 6.2%

●2018年夏ドラマ「グッド・ドクター」

初回(第1話)視聴率 11.5%
最終回(第10話)視聴率 12.4%
全話平均視聴率 11.2%

●2018年秋ドラマ「黄昏流星群」

初回(第1話)視聴率 7.3%
最終回(第10話)視聴率 6.5%

全話平均視聴率 6.7%

●2019年冬ドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」

初回(第1話)視聴率 9.3%
最終回(第10話)視聴率 6.0%

全話平均視聴率 6.8%

※2018年フジ(木)10時枠の視聴率から見る評価を振り返ってみると、平均視聴率が6.0%~7.0%付近を推移していますが、「グッド・ドクター」が10.0%を超えたりしています。

前作の視聴率も振り返ってみると、

●2012年冬ドラマ「ストロベリーナイト」

初回(第1話)視聴率 16.8%
最終回(第10話)視聴率 15.9%

全話平均視聴率 15.4%

誉田哲也の警察小説「姫川玲子シリーズ」は、累計で400万部以上を突破した人気シリーズなだけに、フジ火9時枠だった前作「ストロベリーナイト」は、人気を裏切らない高視聴率を叩き出した大人気ドラマとなりました。

人気シリーズの続編ではあるものの、キャスト・企画・音楽など新規一変された形で制作されているので、そこがどのように影響を与えるのかが注目されるでしょう。前作以上を超えるのは難しくても、10.0%は最低でも超えてくるのではないでしょうか。

全話平均視聴率11.0%~12.0%になると予想しています。平均視聴率は6.6%でした。

スポンサードリンク

まとめ

ドラマ『ストロベリーナイトサーガ』の放送前の前評判・期待度などを取り上げてみました。

放送後、視聴率や評判・評価と感想(面白い・面白くない)等を、1話~最終回まで随時更新していきます。

スポンサードリンク

こちらも読まれてます

ストロベリーナイトサーガ最終回はいつ?全何話まで?放送はいつから始まる?

ストロベリーナイトサーガ キャスト相関図・ゲスト出演者一覧!あらすじ・原作・音楽【姫川英雄伝】

ストロベリーナイトサーガ主題歌ED/OPテーマ挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

ストロベリーナイトサーガの意味!タイトルから知れば面白くなる

ストロベリーナイトサーガが面白くない・つまらない理由!面白い・期待・見どころシーン!

ストロベリーナイトサーガ動画1話をPandora,dailymotionで無料視聴!4月11日放送日

二階堂ふみ演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする