川奈ルミって何者?年齢や職業は?デヴィ夫人のお墨付き

▼絶対零度4(2020)・アライブ がん専門医のカルテ・悪魔の弁護人▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回2週間無料トライアル!

川奈ルミって何者?特に年齢っていくつなのかが気になった方も多いはず。

デヴィ夫人のお墨付きとまで称されるくらい、ますます「川奈ルミ」の正体について知りたくなります。

今回は本名や年齢に加えて、どんな職業をしているのか過去の経歴などもご紹介していきます!

スポンサードリンク
レクタン大

川奈ルミの生年月日!年齢は○○歳だった!?

この投稿をInstagramで見る

『小デヴィ紹介♪♪』 ⠀ ⠀ 双子のような私達 “小デヴィ”こと川奈ルミさん♪ ⠀ 彼女は私と そっくり、よく間違えられるほどです(笑) 後ろ姿も このように♪ 今回は、 私のインスタグラムで、私ではなく、 小デヴィで 生配信をしてみたら、 何分くらい、 小デヴィであることがバレずに 配信できるかにチャレンジしました! 結果は いかに?!?!⠀ ⠀ ⠀ 顔は似ているけれど、 声が違ったのでしょうか(笑) 1分半ほどで すぐバレてしまいました(笑) ⠀ ⠀ 彼女は ラテン・ミュージック歌手としては 日本一! 私の お墨付きです♪もちろん ポップも 演歌も 最高!カラオケには、 彼女の歌が 15曲も出ています。 スカルノ大統領との当時の想いを込め、 私が作詞した“貫く愛”を 歌っています。 ライブで 彼女の生歌を 聞けるようになることを願い、 自粛時間、 お家でインスタライブを 楽しみました♪

デヴィ夫人 (dewisukarno)(@dewisukarnoofficial)がシェアした投稿 –

川奈ルミのプロフィール

本名:小牧ルミ子
生年月日:12月12日
血液型:B型
好きな歌手:青江三奈、坂本スミ子、ミルバ
好きな色:白、ピンク

写真右に写っているのは、デヴィ夫人で左側に写っているのは川奈ルミさん。

デヴィ夫人を横にものまねメイクをする川奈ルミさんですが、お二人は10年以上も親しい仲だそうです。

2020年6月現在で80歳になるデヴィ夫人の若さにビックリしますが、果たして川奈ルミさんの年齢はいくつ何だろうと気になります。

調べてみると、

どうやら、年齢は49歳でした(2020年6月現在)

この投稿をInstagramで見る

#川奈ルミ

いつかのいつやるTV(@itsukanoitsuyarutv5192)がシェアした投稿 –

49歳に見えない⁉どうなんだろう…。

普通に考えたらデヴィ夫人の80歳には驚愕しますが、そんな飛びぬけた存在の隣に、ものまねメイクをしている「川奈ルミ」って言う人物とは一体何者なのでしょうか。

スポンサーリンク

川奈ルミって一体何者?経歴と職業はラテン歌手!

まだまだ未知なる人物、川奈ルミさんって何者かのか、経歴や職業など、どんな活動をしているのか見ていきます。

川奈ルミさんは、中学生の時にラテン、カンツオーネに惹き付けられて高校卒業後に上京して、本格的に歌手を目指すことになります。

そして、ライブ・クラブ等で音楽活動に没頭するや、作曲家の朝月廣臣氏に師事(都はるみの元旦那)。

デビューは、2000年6月「湖愁記」。2001年9月には、東京板橋音楽祭にて新人賞受賞、「湖愁記」でブルーヒット賞を受賞します。

のちにラテン音楽界の重鎮アントニオ古賀に師事を受け、ジャンルに関係なく個性あふれる雰囲気のある歌手として定評。

そして、ある時、

川奈ルミさんからデヴィ夫人に作詞をしてほしいと頼みます。

川奈ルミと親交の深いデヴィ夫人が作詞担当

2017年2月、「貫く愛/踊りましょ」から、デヴィ夫人自ら作詞を担当することになるのです。これがデヴィ夫人初の作詞になります。

貫く愛 ~川奈ルミ~

歌詞の全貌は、昭和34年にスカルノ大統領との結婚してからの日々が綴られており、ありとあらゆるマスコミからのバッシングに見舞われながら貫き通す、純愛を書き下ろされたもの。

「人を愛することは素晴らしい。どんな障害があろうとも、その愛が純愛ならば是非貫いて下さい」というメッセージが歌詞に込められている。

「貫く愛」の曲の中に英語の語りが…これはデヴィ夫人本人が語っているのでしょうか?とても気になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

この記事で、川奈ルミさんが少しでも知ることができたのではないでしょうか。

49歳とは思えない、とても貫禄のあるビジュアルに皆さんはどう思いましたか?

次は、どのような姿で川奈ルミさんがメディアに登場するのか、今後の活動から見逃せませんね。

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする