まんぷく(朝ドラ)のモデル(原作)誕生秘話とひよこちゃん

AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!
SUITS/スーツ・黄昏流星群・結婚相手は抽選で▼

出典:まんぷく 公式HP

連続テレビ小説「まんぷく」(朝ドラ)このモデル(原作)となった国内・世界でもトップクラスの食品会社「日清食品」の創業者・安藤百福、仁子(まさこ)夫妻の、戦後から高度経済成長期の大阪を舞台にした、夫婦の波瀾万丈の物語が始まります。

ここでは、安藤百福さんがインスタントラーメンが作られた過程や誕生した秘話、そして今ではお馴染みのひよこちゃんのマスコットキャラクターのモデルの変化など紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
レクタン大

まんぷく(朝ドラ)のモデル(原作)安藤百福の経歴

  • 1910年(明治43年)安藤百福が誕生する
  • 1948年(昭和23年)ラーメンの屋台に並ぶ長い行列を見てひらめく
  • 1957年(昭和32年)インスタントラーメンを生み出す
  • 1958年(昭和33年)8月25日にチキンラーメンが発売される
  • 1971年~1980年カップヌードルを世に出した
  • 1982年(昭和57年)勲二等瑞宝章の勲章を手にする
  • 1996年(平成8年)立命館大学名誉博士号を授与される
  • 1997年(平成9年)「日本即席食品工業協会」と「世界ラーメン協会」を設立する

スポンサードリンク

まんぷく(朝ドラ)チキンラーメンの誕生秘話

1957年(昭和32年)インスタントラーメンがどのようにして誕生したのかその秘話を簡単にまとめています。

1、インスタントラーメンが誕生した最初のヒントは?

敗戦後、ラーメンの屋台に並ぶ長い行列を見たときに需要の大きさを感じた時でした。

2、ひらめきのきっかけは?

1957年(昭和32年)夕食の準備に夫人が天ぷらを揚げている手元を見てひらめきます。

油の熱を利用して麺の乾燥ができるのではと、安藤百福は自分で天ぷらを揚げながらヒントをつかみ、のちの製法「瞬間油熱乾燥法」により、その後インスタントラーメンを生み出します。

天ぷらを揚げている婦人から大発見が生まれたと言います。全てはここから始まったのです。

3、製造した場所はどこ?

池田市呉服町安藤家の裏庭の小さな小屋でした。(安藤百福の研究小屋)この庭で広げられたすのこには、麺が並べられて麺の乾燥実験が行われていました。※画像はカップヌードルミュージアムのイメージモデルです。

4、実験の材料は?

  1. 小麦粉
  2. ラード油
  3. 麺作りに欠かせないかん水

※かん水とは?

小麦粉のグルテンとデンプンに作用し,中華麺特有の色調・風味・コシなめらかさを与えるもので中華麺にとってはとても必要なものです。現在ではカリウムはナトリウムの炭酸塩とリン酸を原料にした混合物をかん水といっていまます。

水分の加減熱処理の時間油の温度と様々な組み合わせを作って試していきます。安藤百福は、不眠不休で情熱を注ぎ込んだ思いでチキンラーメンを開発したのでした。

悩み悩んでどうしたらいいかと問題にぶつかり、ある時にふっと閃いたり、ちょっとしたきっかけで先が見えてくるものです。

小さな発見が大きな発明へと結びつき、発明・発見が食文化の歴史を動かしたことになりました。

まさにチキンラーメンの発明は、食品産業が調理までカバーする方向へと歩み出したと言えるのではないでしょうか。

キャラクターの「ひよこちゃん」は初代のモデルではない!?

ここからはチキンラーメンのマスコットキャラクター「ひよこちゃん」について少し違った角度から注目してみます。

マスコットキャラクターを務めている「ひよこちゃん」は実は初代のモデルではなかったのです。知っている方はご存知かもしれませんが紹介していきますね。

・1958年 初代は「チーちゃん」「キン坊」がキャラクターとして登場しました。

・1967年「ちびっこ」商品のパッケージに定着します。日清の一社提供番組「日清ちびっこのどじまん」(フジテレビ)のシンボルキャラクターとして登場。

・1991年7月2日 新キャラクターで「ひよこちゃん」が誕生しました。ひよこちゃんは一度新しくモデルチェンジしました。

・2018年現代は「チキラーズ」というオリジナルキャラクターが10種類の「ひよこちゃん」の仲間として登場しています。その11匹にはそれぞれ名前が付けられています。

スポンサードリンク

まとめ

1年間で、世界で食されるインスタントラーメンは1000億食。今となっては私達の食生活に欠かせないものになりました。

インスタントラーメンの生みの親である安藤百福さんのすべてがわかる「インスタント発明記念館」があるようで、多くの人達に発明や発見の面白さを学ぶきっかけになればとの思いで、この記念館が建てられたそうです。住所:大阪府池田市満寿美町 8-25

まんぷく(朝ドラ)は安藤百福の夫人の仁子(まさこ)さんにスポットを当てて物語が進められていきますが、詳しい資料が少なく、ドラマ上ではオリジナル(架空)のエピソードが多数創作され、物語が構成されているようです。

この「インスタント発明記念館」では、まんぷく(朝ドラ)のモデル(原作)となったまだまだ知らない情報が沢山あるかもしれません。

機会があれば子供さんと一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

▼SUITS/スーツ・黄昏流星群・結婚相手は抽選で▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

こちらも読まれてます

まんぷく(朝ドラ)はいつから?最終回はいつ?見逃し動画を視聴する方法

まんぷく 朝ドラ主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする