リーガルV主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!
SUITS/スーツ・黄昏流星群・結婚相手は抽選で▼

出典:リーガルV公式HP

ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」で流れてくる音楽関連、主題歌・挿入歌(OP/ED)・サウンドトラック(BGM)などは誰が担当するのか、新しい情報を随時更新していきます。

ドラマの内容に見合った主題歌や挿入歌が起用されることになるので、アーティストにとっても印象が浸透するぐらいインパクトを与えます。

そして、欠かすことができないBGM(サウンドトラック)は、ドラマの様々なシーンから雰囲気を180度変えてしまう程の衝撃をあたえる重要な要素です。

ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」について詳しい情報が入り次第どんどん更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサードリンク
レクタン大

リーガルV主題歌はSEKAI NO OWARIが担当!

米倉涼子主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の主題歌に起用されたのは「SEKAI NO OWARI」の新曲「イルミネーション」です。

SEKAI NO OWARIのコメント

「炎で燃やされても残ることが出来るくらいの強さと、色んな意見を聞いて決断するという優しさ、その選択を後押し出来る曲にできたらと思いこの歌を作りました」

セカオワの新曲「イルミネーション」が2018年10月10日(水)22時から放送しているTOKYO FM/JFN系38局全国ネット「SCHOOL OF LOCK!」で初披露されました。

セカオワにとって冬の定番ソングになりそうな、優しくて暖かいメロディーです。今後のライブでの初披露も楽しみですね。

「リーガルV」の主題歌「イルミネーション」の配信は、初回ドラマ放送日の10月11日です。

イルミネーション

イルミネーション

250円(12/17 09:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

SEKAI NO OWARI(世界の終わり)

  • 日本の男女4人組バンド(Fukase、Nakajin、Saori、DJ LOVE)
  • 所属芸能事務所はTOKYO FANTASY
  • 所属レコード会社およびレーベルはトイズファクトリー
  • 愛称は「セカオワ」

<略歴>

2007年:自身のライブハウス『club EARTH』を完成させた約半年後に「世界の終わり」を結成
2008年:二代目DJ LOVEが正式に加入(現メンバー)
2011年:8月シングル「INORI」でメジャーデビュー。バンド名を「SEKAI NO OWARI」に変更。

ドラマ主題歌一覧

・「霊能力者 小田霧響子の嘘」の主題歌「天使と悪魔」(2010年テレビ朝日)

・「てふてふ荘へようこそ」の主題歌「TONIGHT」(2012年NHK BSプレミアム)

・「おわらないものがたり」の主題歌「Love the warz」(2014年フジテレビ)

・「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」の主題歌「イルミネーション」(2018年テレビ朝日)

スポンサードリンク

リーガルV挿入歌は?

現在のところ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の挿入歌を調べてみてもまだ情報はないです。挿入歌について分かり次第追記していきます。

リーガルVサウンドトラック(BGM)は菅野 祐悟が担当!

今回、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」でサウンドトラック(BGM)を担当するのは「菅野 祐悟(かんの ゆうご)」さんです。

<菅野祐悟 プロフィール>

  • 生年月日:1977年6月5日
  • 出身地:埼玉県川越市

<略歴>

小さい頃から音楽への道を夢描いていたという思いが叶い、作曲家への軌道を切り開くことになります。

東京音楽大学の音楽学部音楽学科作曲指揮専攻作曲家映画放送音楽コースを卒業しています。大学在学中からアーティストや映画、CMなどに楽曲提供をしていました。

大学ではフランス和声をマスターし、テクノポップやオーケストレーションや音響効果などを得意分野としています。

その後、2004年フジテレビ系月9ドラマ 「ラストクリスマス』」でドラマ劇伴をデビューし様々なドラマ音楽を手掛けています。

2010年に映画「アマルフィ 女神の報酬」という作品で日本映画批評家大賞「映画音楽アーティスト賞」、日本シアタースタッフ映画祭の「音楽賞」を獲りました。第52回ギャラクシー賞で劇伴作曲家で奨励賞を獲りました。

ドラマ音楽一覧

  • MOZU (TBS・2014年)
  • アイムホーム(2015年・テレビ朝日)
  • ウチの夫は仕事ができない(日本テレビ・2017年)
  • FINAL CUT(2018年、フジテレビ、カンテレ)
  • 半分、青い。(2018年・NHK)

テレビ朝日のドラマでは「アイムホーム」以来2つ目の音楽作品になります。近年では「半分、青い。」の音楽を手掛けていました。

半分、青い。…菅野さんはメインテーマである「Half of the Sky」を一番最初に制作されました。

メインテーマは、あまり時代に関係のない感じを出さず、広い年齢層に“青春”を感じてくれるようなBGMを願って作られました。

出演者たちの様々なキャラクターへの“応援歌”という意味合いも込められているようで、ビートルズをはじめとした60~70年代の洋楽ロックをオルガンのメロディーにこだわりを持ち、スパイスとしてこじゃれた感じを加えたようです。

このメインテーマのメロディは、ほかの楽曲にも散りばめられています。

コーラスが沸き立ってくる当たりでカメラがパンアップして(上を向いて)、鈴愛の前に青空が広がるような感じを菅野さんはイメージされていたようです。

「リーガルV」サウンドトラックの発売日は11月28日です。

スポンサードリンク

まとめ

【Amazon】新・音楽配信スタート『Amazon Music Unlimited』

・Amazon Music Unlimitedは期間限定で30日の無料お試し(途中解約可)

Amazonプライム会員ならさらにお得!!

4000万以上の楽曲が聴き放題!

クリックして今すぐ試してみる!
↓ ↓ ↓

以上で「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」主題歌、挿入歌(OP、ED)サントラ(BGM)音楽情報についてまとめてみました。

今回「リーガルV」の主題歌を担当するのは「SEKAI NO OWARI」の新曲「イルミネーション」です。

<簡単なあらすじ>

弁護士資格を奪われた“元”弁護士の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)は、何をおいても自由奔放で、資格を剥奪されるまでは、

  • 「上司を殴ったらしい」
  • 「暴力団とつるんで恐喝していたらしい」など

ドス黒いウワサもまことしやかに陰で言われるほど、理解不能でスキャンダラスな元弁護士。

ハラハラドキドキするような悪女が主導権を握る“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいく弁護士ドラマです。

このドラマのサウンドトラック(BGM)を担当するのが「菅野 祐悟」さんです。

ドクターXでは沢田完さんが音楽を担当していましたが、今作ドラマ「リーガルV」では菅野さんになります。

ということは、ドクターXの音楽とは全く異なった世界観が送り届けられそうです。シリーズものになりそうな「リーガルV」を期待せざるを得なくなりました。

▼SUITS/スーツ・黄昏流星群・結婚相手は抽選で▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

こちらも読まれています

リーガルVはいつから?最終回はいつ?見逃し動画を視聴する方法

リーガルV 中沢淳美役は宮本茉由!ドラマ一覧とプライベート情報!

米倉涼子 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

菜々緒 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする