Heaven?ご苦楽レストラン原作ネタバレ結末!最終回は仮名子たちに予期せぬ不運が襲う

▼監察医朝顔・ルパンの娘・仮面同窓会▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

2019年夏ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』を視聴した人が原作ネタバレの結末が気になった人や、最終回どうなってしまうのかの結末を知りたい方に向けて、原作漫画ネタバレを公開していきます。

このドラマは至極のフレンチレストランコメディーと言うだけあって、最終回の最後の最後までぶっ飛んだ結末をしていました(笑)

物語は伊賀観(福士蒼汰)が視点となって進行するスタイルとなっているので、そこに注目しながら見てください。

スポンサードリンク
レクタン大

Heaven?ご苦楽レストラン1巻~6巻の原作漫画ネタバレを簡単に!

原作漫画1巻ネタバレ

フランス料理店に勤めていた伊賀観(いが かん(福士蒼汰)は、接客業として致命的な笑顔を作ることができないこととして、これまで幾度となくトラブルを起こしていた。

そこで救いの手を差し伸べるかのように出会ったのが豪語する女・黒須仮名子(くろす かなこ(石原さとみ)だった。

墓地レストラン「ロワン・ディシー」のオープンから一ヶ月、当然ながら素人たちが働くレストランに訪れる客などほとんどいない。

自分の責任だとシェフ・小澤幸應(おざわ ゆきお(段田安則)は、自信をなくして料理はどんどん塩気が減っていき、もうじき潰れてしまいうのではとつぶやく毎日。

これまで、小澤が過去に務めてきたお店がことごとく潰れてきたことで、縁起の悪いシェフとして業界から悪評されていたのだ。

しかし、仮名子は小澤のせいでお店が潰れたとは思ってないと分かっていたかのように、「だからこそ掘り出し物と思ったのよ。大丈夫つぶれやしないわよ、シェフが自信さえ取り戻せば」と自信満々に答える。

そこで伊賀が「ミッドナイトランチ(墓地レストランにとって真夜中が昼)をやりましょう」とアイデアを出して、早速みんなで取り掛かると思いのほか当たって繁盛してしまう。

だが、その裏には和田英代(わだ ひでよ(内田 慈)という仮名子の知り合いで辛口エッセイストに、ここの料理は絶品だが、行き着く先々のレストランをつぶす伝説の小沢シェフ。と炎上記事を書かせた理由があったからだった。

原作漫画2巻ネタバレ

ある日の事、変な借金取りが墓地レストランのもとへ訪ねてくる。

その人物から、“保険”がかかっていると従業員達は耳にすると、仮名子は自殺を考えているのではないかと想像して一同青ざめる。

伊賀は、オーナーがそのような危険な行動を起こすなど思ってはいなかったが、仮名子が木にロープを引っかけて首吊り自殺しようとしている現場にたまたま遭遇する。すると幸いにも仮名子の重みで木の枝が折れ助かるのだった。

一連の行動を見た伊賀は、他の従業員達にはさすがに言えないと思い更けながら、仮名子の部屋に訪れるが、ノックしても返事はなく閉じこもったまま出て来ない。

伊賀は心配になりドアを強く叩いた時に、イスがガターンと倒れる音が聞こえて「まさか!?」と思い、従業員たちを呼んで一斉にドアを体当りしてぶち壊すが、なんと部屋には天井から首つりロープがぶら下がっているが、オーナーの姿が見えない…。

窓には内側からカギがかけられている、完全なる密室ではないかと、困惑する従業員達だったが、そこで仮名子が颯爽と登場する。

なんと、仮名子の本性はミステリー作家だったことが判明し、”密室に消えた首つり死体”のトリックを考案している最中だったのだ。

仮名子は、3年前に翠嵐ミステリ倶楽部新人賞を受賞するなど話題性のある作品を中ヒットさせるなどして、そこで手にした大金で避難場所(ロワン・ディシー)を開店。

よって、借金しているわけではなく、訪れた借金取りに見えた人たちはただの編集者であり、“保険”の意味というのは、仮名子が原稿を落とした時の”代原”を用意しているという意味合いのことだったのだ。

原作漫画3巻ネタバレ

仮名子は普段とは違いオーナーらしく、従業員に対してレストランはホスピタリティだけではダメよ!と忠告する。

従業員一同、お客様が望んでいることは何でもしてあげたいと、出来る限りのことを対応していきたいと、伊賀の性格上特に思うのだった。

ウーロン茶、煎茶、コーラとお客様が求める飲みたいものは何でも用意して、車の移動も引き受けたり何でも対応していく…。

だが、あれやこれやと引き受けていく内に、従業員達はいっぱいいっぱいになっていき対応できず自分たちが苦しくなっていくのだ。

そもそも、何に対して受ける必要があるのか、何に対して断わればいいのかを、伊賀は考えに考えた結果、ここはフレンチレストランであることを再認識するのだ。

従業員たちは、フレンチレストランとしてのスタイルを持つことが一番大事だと確認させられるのだが、オーナーである仮名子は、フレンチなのにひじきの煮物もアリ!とアイデアを出すそんな、スタイルを語る資格は仮名子にはないのだった。

原作漫画4巻ネタバレ

ある夜に、黒須仮名子がレストラン・ロワンディシーで寝ていると、天井からガサガサと物音が聞こえる。

翌朝、何故か分からないが天井から水漏れしている痕を発見して不振に思う仮名子は、従業員に伝えると、川合太一(かわい たいち(志尊淳)が幽霊の仕業では?と疑うのだった。

実のところ、彼はとても霊感が強く、これまで幾度となく実物を見てきたと言うことから、その真相を知るために夜中に集まりレストランを調査することになった。

やはり、天井から物音が聞こえてくる、そんな何やら気配を感じる一同は、泥棒かもしれないと疑い2階の部屋を探索しても誰もいない。

そこにある古びた棚をよく見てみると、裏に御札が貼られた扉を見つける。

皆が怯えながらも恐る恐る仮名子が扉を開けるとそこには、子供部屋にいる男の子の幽霊が存在したのだ。

男の子の幽霊はどうやら水を欲しがっている様子だったので、川合が慣れた感じで水を注いであげると男の子の幽霊は去っていった。

従業員一同が驚くなかで仮名子だけは、なんで私だけが見えないのと、とても悔しがるのだった。

原作漫画5巻ネタバレ

ある時、税理士から相談を受けて、飲食店経営コンサルタントの中聖人がロワンディシーにやってくる。

中聖人はレストランの経営難に対して、仮名子は私の経営にケチをつけるなと反論して言い返す。

しかし、中聖人は人件費が突出しているから、最低でも2名は辞めていただかないといけないと提案を出す。

誰も辞めさせないと引き下がらない仮名子は、ただただ負けたくない一心で、従業員をかばっている様子にも見える。

「私は客のためになんか働いていない!自分のために働いているのよ!」と、仮名子はキッパリ自分の為に働いていると答えた。

全ては仮名子が感じた事、思った事、考えた事、それで客が喜んでくれれば良しという考えのレストランであるということだろう。

「オーナーの、オーナーによる、オーナーのためのお店」

それを聞いた税理士の中聖人は、ぐうの言葉も出ず背を向けて去って行く。

スポンサードリンク

Heaven?ご苦楽レストラン最終回結末は仮名子たちに予期せぬ不運が襲う!原作漫画6巻ネタバレ!

仮名子の出版社がとうとう潰れてしまうが、レストラン「ロワン・ディシー」があるから心配いらないといつもの強気を見せる。

だがある日、老舗和菓子店「招福堂」が挨拶に来て、この場所を和風喫茶を開店したいと申し出る。

立地からして、お墓参りの人も、葬儀場の「ことぶき会館」に来る人も足を運ぶに他ならないので、利益がアップできると言わたら到底勝ち目はない。

競い合いをしても負けるのは、明らかだった…。

そこで、招福堂は早急に移転を決意してくれたら、移転先の良い物件を紹介してくれる言ってきた。

従業員一同が移転に賛成の中、オーナー仮名子だけが移転を反対する。

仮名子がこの場所(墓地)に執着する理由はたった1つ。自分のマンションから徒歩5分という近さ。

それを伊賀はとっくに気づいていたのだ。

移転先を紹介してくれた物件へ行ってみると、駅から3分、ワイン庫も新しいし確かにいい場所ということで仮名子は移転を決意する。

ふと伊賀は、これまで笑顔が作れず向いていなかったサービス業を仮名子が経営するレストランでは、うまくやってこれたと思いだす。

当然ながら、他の従業員も心のうちは同じだった。

ロワンディシーで、1から作り上げた思い出と建物への愛着からか、従業員たちはここで和風喫茶をやることを仮名子に提案した。それに、フランス料理じゃないといけない理由はないのではと言う。

天才シェフの小澤は、和菓子も作れる腕前であり、お酒は甘酒でと説得をする。ソムリエの資格のための実務経験は飲食店なら大丈夫だから、山縣さんも解決!

さらには、仮名子に許可なく招福堂が紹介した物件を断わっていた。

仮名子は、「甘酒を飲んでまでして、ここで店をやるとか何が楽しいのか分からない」と従業員達に疑問をぶつける。

仮名子が「自分の為のお酒が飲めない店なんて、要らない」と叫んだのだ。

伊賀が「オーナーがそれに気づいてしまったら、もうお店をやめるしかない」と言ったタイミングで、神様の裁きなのだろうかお店に雷が落ちて焼けてしまうのだった。

神の怒りの鉄槌を食らった仮名子は「ロワンディシー、本日にて解さーん!」と言わざる負えなかった…。

その後、「ロワン・ディシー」は、伊賀の長崎の実家に移転して、従業員5人で営業を再開するも、2年後に両親がジンバブエから帰国して、ロワンディシーは金沢に移転、移転をくり返していくのだった。

Heaven?〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)

Heaven?〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)

佐々木倫子
発売日:2004/12/24
Amazonの情報を掲載しています

Heaven?ご苦楽レストランは、伊賀の若かりし頃の回想シーンだった!?

ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』は、どのような始まり方でどのような終わり方をするのか分かりませんが、原作漫画の連載初回と最終回に老紳士となった伊賀が登場します。

イスに座った老紳士が紅茶を飲みながら思い老けている所から回想シーン・物語が始まるのです。

あれから40年後、移転を繰り返すレストラン「ロワン・ディシー」の現在は、神々の楽園バリ島で伊賀が営業をしています。

そこへ、黒須仮名子が登場して、「あなたが立派なサービスマンになったかどうか、見に来たのよ」と言葉をかけるのでした。

タイトルでもある『Heaven?ご苦楽レストラン』の意味は、サービスマンとして自信のなかった伊賀だからできた「楽園――Heaven」自分の一生涯を終える居場所を見つけたということなんでしょうね。

スポンサードリンク

原作漫画ネタバレ結末まとめ

ドラマ『Heaven?ご苦楽レストラン』から原作漫画ネタバレを公開しましたがいかがだったでしょうか。

まさか結末を見た時、「お店に雷が落ちて焼ける」言うとんでもないオチが待っているとは思いもしませんでした。

これまで散々好き勝手にしてきた仮名子に神の制裁が下ったとしか思えない最後でした。

今回、原作漫画を読んだ方のほとんどが、ドラマ版に対するアレンジは必要のないと言われているだけに、原作のままで反映されるか注目が集まります。

しっかりとしたオチがある原作漫画だったので、これをドラマ版にするとしたら相当気合を入れた会話とテンポが要求されます。

そう考えると主演の石原さとみさんを選んだところはさすがだと思いました。最終回で神の裁きが実行されるのか期待が膨らみます(笑)

スポンサードリンク

こちらも読まれてます

Heaven?ご苦楽レストラン キャスト相関図・ゲスト出演者一覧!【至極のフレンチレストランコメディー】

Heaven?ご苦楽レストラン視聴率と評判評価!最終回まで随時更新

Heaven?ご苦楽レストラン1話ネタバレ感想!超変わり者のオーナー黒須仮名子の野望

Heaven?ご苦楽レストラン最終回はいつ?全何話まで?放送はいつから始まる?

Heaven?ご苦楽レストラン主題歌ED/OPテーマ挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

Heaven?ご苦楽レストランが面白くない・つまらない口コミと面白い・見どころシーンはここ!

Heaven?ご苦楽レストラン動画1話をPandora,dailymotionで無料視聴!7月9日放送日

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする