後妻業 主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

▼トレース 科捜研の男・スキャンダル専門弁護士QUEEN・さくらの親子丼2▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

出典:後妻業 公式HP

ドラマ「後妻業(ごさいぎょう)」で流れてくる主題歌・挿入歌(OP/ED)・テーマ曲・サウンドトラック(BGM)などは誰が担当するのか、音楽関連の情報を載せています。

ドラマの内容に見合った主題歌や挿入歌が起用されることになるので、アーティストにとっても印象が浸透するぐらいインパクトを与えます。

そして、欠かすことができないテーマ曲・BGM(サウンドトラック)は、ドラマの様々なシーンから雰囲気を180度変えてしまう程の衝撃をあたえる重要な要素です。

ドラマ「後妻業」について詳しい情報が入り次第どんどん更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサードリンク
レクタン大

後妻業 主題歌はエレカシ宮本浩次が担当!

木村佳乃主演ドラマ「後妻業」の主題歌に起用されたのはエレファントカシマシ・「宮本浩次」のソロデビュー曲「冬の花」に決定しました。

主題歌の詳細はこちらの記事へ詳しく載せています。

後妻業 主題歌の歌詞と発売日|エレカシ宮本浩次「冬の花」

スポンサードリンク

後妻業 挿入歌は?

現在のところ「後妻業」の挿入歌を調べてみてもまだ情報はないです。挿入歌について分かり次第追記していきます。

後妻業 テーマ曲・サウンドトラック(BGM)は眞鍋昭大が担当!

今回、「後妻業」のテーマ曲・サウンドトラック(BGM)を担当するのは「眞鍋昭大(まなべあきひろ)」さんです。

<プロフィール/経歴>

・1988年東京都町田市生まれ。17歳の時に作曲家・指揮者・音楽プランナーを務める松尾祐孝氏に出逢い、和声やフーガを始めとした音楽理論を学びます。

・大学入学してからは、作曲家の渡辺俊幸氏と出逢い、ジャズ和声やオーケストレーション、劇伴の作曲法などを学びました。

※松尾祐孝氏は洗足大学音楽のS-MAPS洗足学園プレップスクール校長/教授、渡辺俊幸氏は洗足大学音楽(音楽・音響デザインコース統括責任者)教授から幾つもの音楽の教えを引継ぎ、洗足大学音楽・音響デザインコースを首席で卒業。

・2018年劇場版『コードブルー ―ドクターヘリ緊急救命―』の音楽を作曲家・得田真裕さんと共同で制作。現在もテレビドラマ、映画、アニメの楽曲をメインに活躍されています。

ドラマ音楽一覧

・「明日の約束」(2017年、フジテレビ)…主人公・藍沢日向は、様々な悩みを抱えている生徒達に寄り添って心のケアをしている高校のスクールカウンセラーを勤めています。日向の母親は過干渉で情緒不安定な日向にすれば懸念要素になります。

ある日に、一人の男子生徒が日向に対して『好きです」と告白した翌日に謎の死を遂げます。亡くなった男子生徒の母親は異常な愛情表現で強い重圧を与え続けていた毒親でした。

日向はこの男子生徒の死の謎を問い続けることがきっかけで日向に行く手を抑制する障壁と対面してながら、生きるの中で肝心な事や親子のあるべきカタチとは何かを導きます。

いじめのシーンや毒親が我が子に触れ合う行為など精神的な緊迫状態が続く場面が多く出てくるので、視聴者が感情移入してしまうような拍子の音楽が使われています。

・「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」(2018年、フジテレビ)…一人の漁師町に過ごしている男が愛する女性と婚約して幸せを掴んだのもつかの間、信用していた仲間たちから冤罪を着せられ、異国の牢獄に入れられてしまう。

己の自由・未来・希望全てが奪い取られた主人公。しかし、同じ牢獄に捕らわれていた人物からの出会いで脱獄することに成功し、絶望の淵から乗り越え鬼の復讐を誓います。

多くの資産を獲得し億万長者となった主人公は、モンテ・クリスト真海と別人に成り代わり、以前に過ごしていた漁師町に戻ってきては、頭脳と豊富な財産を武器にして酷い目に遭わした奴らを暴き出し、一人ずつ復讐を行っていきます。

このドラマは復讐の鬼化した主人公の叫びを表したのがOPテーマとして使用されていました。この物語の全体的なBGMは、どこか哀愁感あるそんな影響力を持ち合わせ、見事にサウンドとマッチした作品でした。

・「SUITS/スーツ」(2018年、フジテレビ)…「幸村・上杉法律事務所」という国内の大手弁護士事務所が舞台となり、敏腕弁護士の甲斐正午(織田裕二)と天才フリーターの鈴木大貴(中島裕翔)が多種多様な訴訟に挑戦する物語。

金の生る仕事を成し遂げていく事務所の稼ぎ頭の甲斐であったが、彼の性格ややり方に気掛かりになり幸村チカ(鈴木保奈美)はパートナー・アソシエイトの採用を命じることになる。

乗る気のない甲斐はしかたなく採用面接を開くことになり、そこに現れたのは目を見張るほどの記憶力と頭脳を兼ね備えた青年・大貴だった。

その能力を評価し弁護士資格を所持していない彼の経歴を詐称する事を提案し、自らの部下とします。このようにして秘密を共有した二人は、絶えず対立しつつも、莫大で困難な訴訟を解決していく。

「後妻業」テーマ曲・サウンドトラック(BGM)の発売日は現在未定です。

スポンサードリンク

まとめ

【Amazon】音楽配信サービス

『Amazon Music Unlimited』

 

Amazonプライム会員になると(30日間無料体験)

・Amazonプライム会員なら980円⇒月額780円とさらにお得!!

・さらに100万曲⇒4000万以上の楽曲が聴き放題になる!

(途中解約可)

クリックして今すぐ試してみる!
↓ ↓ ↓

以上で「後妻業」主題歌、挿入歌(OP、ED)サントラ(BGM)音楽情報についてまとめてみました。

「後妻業」の主題歌に起用されたのはエレファントカシマシ・「宮本浩次」のソロデビュー曲「冬の花」に決定。

テーマ曲・サウンドトラック(BGM)を担当するのは「眞鍋昭大(まなべあきひろ)」 さんです。

「後妻業」の顔を見せる武内小夜子(木村佳乃)は、ごく普通にいそうな女性でありながら実は、財産持ちの高齢者を標的として結婚詐欺をしたのちに高齢者の遺産を根こそぎ盗み取っていく。

大金を獲得するならどんな事でも実行してしまう柏木亨(高橋克典)と共に、結婚詐欺に騙されてそうな財産持ちの高齢者を探り当てる事に精を出していきます。

自身のルックスと熟練した話術を武器として、お金持ちの高齢者を次々手玉に取っていくのだが、中瀬朋美(木村多江)の父親を結婚詐欺のターゲットに指定した事が発端となり、私立探偵の本多芳則(伊原剛志)に目をつけられてしまうことに物語が急変する。

妖艶な悪女の痛快サスペンスということもあり、激しいバトルを繰り広げたりと冒頭のOPテーマから惹きつけるような音楽に期待したいですね。

▼トレース 科捜研の男・スキャンダル専門弁護士QUEEN・さくらの親子丼2▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回1ヶ月間無料!

こちらも読まれています

後妻業 最終回はいつ?全何話まで?放送はいつから始まる?

後妻業 原作ネタバレ結末の感想!見どころ展開や期待値など

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする