向かいのバズる家族動画 最終回(10話)をPandora,dailymotionで無料視聴!6月6日放送日

▼絶対零度4(2020)・アライブ がん専門医のカルテ・悪魔の弁護人▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初回2週間無料トライアル!

日本テレビ系列のドラマ『向かいのバズる家族』の動画最終回(10話)(6月6日放送日)を【Pandora、dailymotion】で無料視聴する方法について解説していきます。

この記事ではついうっかり録画し忘れたり、見逃してしまったそんなあなたに、どこの動画サイトで視聴すればいいのか無料視聴する方法と、「向かいのバズる家族」最終回(10話)の展開予想をしています。

あと動画共有サイト【Dailymotion、pandora】から本当に視聴するのは大丈夫なのか!?これについても詳しく説明します。

向かいのバズる家族最終回(10話)動画(Dailymotion、pandora)で見れる?

Dailymotion(デイリーモーション)やpandoraTV(パンドラ)などの動画共有サイトから「向かいのバズる家族」最終回(10話)を視聴することはできます。

しかし、法律的な問題とウィルス感染のリスクを考えると、個人的な見解としておすすめはしていません。

動画違法アップロードのリスク

テレビで放送されたものをyoutube(ユーチューブ)やDailymotion(デイリーモーション)、pandoraTV(パンドラ)などで動画を公開(アップロード)したものは、著作物を勝手に使用した罪で公衆送信権の侵害に問われます。

ドラマ放送後にDVD化や動画の有料配信された場合は有償著作物に該当するので、仮に違法ダウンロードした場合も刑事罰の対象となってきます。

インターネットを利用している以上は、IPアドレスというインターネット上の住所のようなものが必ず存在します。動画にアクセスする度に自分のIPアドレスを相手に通知しているんです。

知らず知らずの内に「私はこういうものです」と相手に報告しているようなものなのでダウンロードした場合、本人が特定される可能性は十分に考えられます

ウィルス感染のリスク

このように実際に被害にあっている人もいます。ただし、あなたがよく利用している動画共有サイト自体は何の危険もありません。

では、何が危険なのかと言うと違法アップロードしている人物がどういった人物なのか分からないのが危険なんです。

上記で説明した通り違法アップロードだと知っているにもかかわらず、ウィルスを仕込んでいるとしたら本当に恐ろしいです・・・。

なので、これらの危険性(リスクを背負ってまでDailymotion(デイリーモーション)、pandoraTV(パンドラ)などの動画共有サイトから視聴しようとは思わなくなりますね。

面倒なことが起こってからでは手遅れです。それでも無料で観るんだ!という人は自己責任でお願いします。

それよりも、動画を安全かつ快適に視聴できる方法がありますよ。

向かいのバズる家族 動画最終回(10話)を高画質で無料視聴したい!

ここからは『向かいのバズる家族』を安全で信頼のある動画配信サービス”ビデオ・オン・デマンド(VOD)”から視聴する方法についてお伝えしていきます。

『向かいのバズる家族』を視聴するにはどこの動画配信サービスがお得なのかを見ていくと、Hulu(フールー)を利用することです。

Huluというのは動画配信サービスを運営する会社です。アメリカの動画配信サービスでは全体でYouTubeに次ぐ2位という実績があるくらい人気で、世界各国で幅広く普及しているため、ドラマ・映画・アニメ・バラエティが豊富に配信されています。

日本の放送中のドラマだったり過去のドラマやバラエティも配信中です。

Huluのコンテンツ内はすべて見放題作品になっているので、ポイントで課金することがなく安心して見れるのもメリットの一つです。

そして、月額933円(税抜)で人気映画やドラマ作品など約50,000本が「す・べ・て」見放題!!

加入すると月933円(税抜)のところ2週間無料で動画を観ることができるのでかなりお得!

パソコンやスマホ、タブレット端末などから、好きなところで好きな時間に利用することができます。

●例えばこのような人がおススメ!

  • 電車通勤や会社の休憩時間のスキマ時間に視聴したい会社員の人
  • 学校や休み時間にアニメを満喫したい学生の人
  • 御飯の支度をしながら好きなドラマを鑑賞したい主婦の人 etc

スマホで視聴できるので動画を好きな時間、好きな場所で利用できるので使い勝手がいいのが特徴です。

加入しても、お試し期間の2週間以内に解約すれば料金は一切かかりません。

↓<こちらからhulu公式へ>↓

向かいのバズる家族以外に見れる動画は?2019年6月現在

では、『向かいのバズる家族』以外に見れる動画を紹介します。

●ドラマ

  • 過保護のカホコ
  • 高嶺の花
  • クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪
  • SUITS/スーツ(海外版)
  • ウォーキング・デッド

※huluでは日本テレビがメインとした作品が多いのが特徴ですが、海外ドラマにも力を入れているので他の動画配信サービスも豊富に扱っています。

●アニメ

  • 妖怪ウォッチ
  • アンパンマンチャンネル
  • 金田一少年の事件簿
  • 銀魂
  • 名探偵コナンetc.

子供向きのアニメを多く扱っているので、お子さんがいる家庭では一緒に視聴して楽しむこともできます。シリーズ化している人気アニメは長い期間楽しむことが出来ますね。

●映画

  • 溺れるナイフ
  • X-MEN シリーズ
  • ラ・ラ・ランド
  • ショーシャンクの空に
  • セトウツミ etc.

邦画よりも洋画作品を多く取り扱っており、シリーズものを一挙に配信されるスタイルです。B級映画も取り揃えていたりと作品は豊富です。

●Huluオリジナル

そして、Huluでしか見られないオリジナル作品も勢ぞろいしています。安室奈美恵さんの「デビュー25周年沖縄LIVE」に密着した映像も「hulu」でしか見ることができない貴重な動画となっています。

人それぞれ見たい動画はあると思いますが、私もhuluを利用して良かったところは、見たい動画を観たい時間にその場で見れることが最大の魅力だと思います。

huluに加入した場合、見放題の動画をその場で一気に見てしまって時間を忘れてしまうことも。汗)

↓<こちらからhulu公式へ>↓

向かいのバズる家族最終回(10話)の展開・予想・見どころは?

ここからは「向かいのバズる家族」の視聴者から最終回(10話)の展開と予想をしてもらいました。

●もう最終回と思うと、とても残念な気持ちです。私は春ドラマの中で、このドラマが一番面白いと思っていたので、毎週楽しみに観ていました。

それが再来週以降は無くなってしまうかと思うと、寂しい気持ちがしてきます。

最終回はあかりが自分の殻を破って、本当の自分をさらけ出して堂々と生きていけるような女性になってほしいと思います。

あかりが変われば、周りも変わっていくでしょうし、涼太との関係も良くなっていくのではないかと思っています。

最終回はぜひハッピーエンドで終わってほしいですが、そこまでたどり着くまでに、まだ何か波乱がありそうな予感がします。

ですが、それらを乗り越えていけば、明かりの家族には本当の幸せが見えてくるのではないかと思います。

あかりのおじいちゃんも真実を知ることで、かがり家が良い方向へ変わっていくような気がします。

<30~40代女性.SF>

●トゥナイトスターをカフェコロナに思い切って、来て欲しいとメッセージを送り、星の絵文字でOKを貰ったと思い込んでいるあかりの前に、本当にトゥナイトスターなるネットの人物が現れるのか?だとしたらその正体は誰か?が見どころと思っていますが、予想としては祖父の清史が一番有力ではないかと思っています。

今までもあかり達、篝家が口論している所へ良いタイミングで現れ、皆を癒して来た祖父が陰ながらあかりを励ましている(表だっても励ましていますが)トゥナイトスターではないか?と考えています。

おそらく祖父は仮面を被っている篝家の事に気づいていて、心配になり度々遊びに来ていると予想をしていて、篝家の一員として最後の秘密を持っている人物と考えています。

それとあかりが高校時代に撮られたビデオ動画が、まだ明かされておらず、そこにあかりが秘密にしたい過去のあかりが居るとの内容が以前からずっと気になっていますので、それがどの様なモノなのか?個人的に一番期待している最終回での見どころと思っています。

<50~60代男性.I・S>

●一番の注目はあかりがSNSで繋がっているtonight_starなる人物の正体です。

それが万一、あかりの元カレだった場合は製作者サイドの神経を疑ってしまいそうです。なので、私はその正体を“頑張ってネットに励むおじいちゃん”か“善意の第三者として篝家を支える滝迫”のどちらかだと信じたいです。
というか信じさせてください!

揺れに揺れるあかりとは対称的にまたしてもオフ会を開催する緋奈子はもはや恐いものなしの状態でストーカーすらも一撃。

しかし、一見強く見えても接触を持った滝迫にまたしても心を許しておかしな事態にならないか心配です。

タイトルにもあるように“向かいの”という俯瞰的な視点がネットを通してそれぞれが持っている見えかただと思うので、ふとした瞬間に我に返り、また家族をやり直すハッピーエンドを思い描いていますが、それまでにはもうひと波乱あるのは確実だと思います。

<30~40代男性.猫石>

向かいのバズる家族最終回(10話)動画を視聴した感想・面白かったところ!6月6日放送!

ここからは「向かいのバズる家族」最終回(10話)動画(6月6日放送日)を視聴した面白かったところ!の感想をいただきました。

●毎回、話に引き込まれて夢中になって見ていました。なかなか犯人がわからない、話を細かく反らせて引き延ばしてるというふうに思いましたが、もう最終話なのか。

あかりを支えるtonightstarが、どんなイケメンが登場するのか、また正体は誰なのか怪しい人がいすぎてまったく予想できなかったですが。

じいちゃん。「ずっと前からあかりを見ていた」なんて、まるで死んじゃうんじゃないかと温かいセリフに、あかりよりも早くに泣いてしまいました。

毎回家族の前にじいちゃんが来たとき、じいちゃんがその場を明るくしていたのが、じいちゃんの存在がよかったです。

じいちゃんとしては小野武彦さんは若いですが、本当に素敵な役柄です。

<30~40代女性.モモ>

●薪人が、自分のデマ情報を拡散した友達のことを責めなかったことに感動しました。

まさか、面接官の前で罵倒するのかと思わせるシーンもありましたが、「自分はだいぶ年上の女性がタイプだからです。」なんて笑いに変えてしまうところがとても面白かったし、薪人の機転の利かせ方に驚きました。

これはジョークなのかと思っていたけど、最終的に家庭教師先のお母さんと真剣交際していたなんて、爆笑でした。家族にとって大切なことを教えてくれるいいドラマだったなと思います。

<10~20代女性.M>

●今回はあかりにとって、全てのものと向き合うという最大の試練だったと思います。

これまでは、なまはげチョップや裏の顔を知られたくなくてビクビクしていましたが、鍋島の脅しにも毅然と立ち向かえたり、涼太にも世間にも全てをさらけ出したことで、一皮むけた感じがしました。

トゥナイトスターの正体が清史だったことは予想通りでしたが、桃の「実はすごく身近にいる人物」という推理が意外と正解だったところが侮れないと思ってしまいました。

でも、あかりが自分に好意を抱いていると知って、カフェに現れるのをためらったり、仲良し家族を演じていることに気づいていたのに黙っていた彼の粋な計らいは、とても素敵だと思いました。

<30~40代女性.湊海>

向かいのバズる家族最終回(10話)動画を視聴した感想・面白くなかったところ!6月6日放送!

ここからは「向かいのバズる家族」最終回(10話)動画(6月6日放送日)を視聴した面白くなかったところ!の感想をいただきました。

●ひなチャンネル、オフ会に参加するシーンはあまりいらないかな。家族解散、というのはなんだか寂しいので誰かしら解散に賛成してほしくなかったです。

弟くんの就職面接で裏切った友達とまた会ったシーン、温かく話しかけたけれど、嫌がらせをされたのを見たら自分の感情も重なって、友達をやっつける、叩き落とすくらい何かひと言でもあった方が気持ちがスカッとしました。

あかりの高校時代の元カレが、毎回ゆすりにきていたのも嫌な感じだったので、最終回でそれが判明したわけだけど、あれはストーカーというか恐怖しかない。亮太さんが助けてあげてと思いました。

<30~40代女性.モモ>

●お母さんのストーカーの男が全然出てこなかったことが気になりました。

ホテルのラウンジでお母さんに罵倒されてイライラしていた様子だったので、絶対に復讐に来るだろうなと思っていました。

それなのにカケラも現れなかったので、伏線回収できていない感じが微妙でした。

また、迫滝くんは絶対になにか裏があるみたいな感じで登場させていたのに、本当にお母さんのファンで終わってしまっていて微妙でした。もっとうまく使えたんじゃないかなと思います。

<10~20代女性.M>

●鍋島の脅しはかなり陰険だったし、あかりの動画も犯罪まがいのものかと思っていましたが、まさかのだだ滑り漫才とか、かなり拍子抜けしてしまいました。

「こんなつまらないことをやらされて屈辱だったから、自分はもっと面白いことをやってやる!」みたいな感覚だったんだと思いますが、あかりの心の闇が意外と浅くてびっくりしました。

そして、彼を嫌う理由も「面白くない」の一点張りというのも、あかりの自分勝手な先入観で勝手にがっかりしただけじゃないか!とつい突っ込んでしまいました。

他の部分が良かっただけに、あかりが単なるわがままみたいになってしまったこのシーンは、正直いらないんじゃないかと思いました。

<30~40代女性.湊海>

見逃し配信はこちらから!

↓<こちらからhulu公式へ>↓

関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする