もしも広告

吉岡里帆 演技力の評価 【上手い・下手】を分析してみた結果

出典:エーチーム公式 HP

7月9日からTBSのドラマ「ごめん、愛してる」が始まりました。

今回、このドラマのヒロインを演じている吉岡里帆さんの演技力に注目しました。

吉岡里帆さんの今まで演じてきた主な作品を紹介し、どんな評価を得ていたのか、そして視聴者からは吉岡里帆さんの演技力がどう映っているのか紹介させていただきます。

スポンサードリンク
レクタン大

吉岡里帆の主な作品は?

●プロフィール
名前:吉岡 里帆(よしおか りほ)
生年月日:1993年1月15日
出身地:京都府右京区
身長:158cm
血液型:B型
趣味や特技:猫と遊ぶこと、新派観劇、書道、アルトサックス

●ドラマ、映画の経歴

ドラマ

  • 2015年、NHKのドラマ「美女と男子」で朝倉かれん役を演じました。
  • 2016年、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」でヒロインの娘の親友、田村宜役を演じました。
  • 2016年、日本テレビのドラマ「ゆとりですがなにか」で佐倉悦子役を演じました。
  • 2016年、関西テレビのドラマ「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」で田丸綾香役を演じました。
  • 2017年、TBSのドラマ「カルテット」で来杉有朱役を演じました。

映画

  • 2015年、映画「幕が上がる」で村上舞役を演じました。
  • 2015年、映画「明烏」でヒロイン明子役を演じました。
  • 2016年、映画「ハッピーウェディング」で主演で新米ウェディングプランナー、相川愛子役を演じました。
  • 2017年、劇場版アニメ「名探偵コナンから紅の恋歌」で枚本未来子役で声優を務めました。

吉岡里帆の演技力を分析してみた

●2016年、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」で吉岡さんは、波瑠さん演じるヒロイン、あさの一人娘千代(小芝風花)の親友、田村宜(通称のぶちゃん)を演じました。

このドラマ出演がきっかけで女優としての知名度もぐんと上がりました。男性視聴者にも人気でした。

吉岡さん演じるのぶちゃんは、自分のことを僕と呼び、丸メガネをかけ、読書好きで寡黙で、ヒロインあさのことを尊敬している女性です。

のぶちゃんはあさの秘書となり、あさが創立した日本初の女子大に通い、初の学長になる方です。

吉岡さん曰はく、のぶちゃんというキャラクターは知的で頭でっかち、かわいげがないらしく、明治時代の一般的な女性のイメージとはだいぶかけ離れている人だったようです。

そんなのぶちゃんを吉岡さんは愛着を持って演じられたそうです。

●2017年、TBSドラマ「カルテット」では目が笑っていない元地下アイドルの来杉有朱役を吉岡里帆さんは演じました。

有朱は、ドラマでの出番はさほど多くないのに、松たか子さん、満島ひかりさん、松田龍平さん、高橋一生さんの次に印象に残る役でした。

有朱は自分の利益のことしか考えておらず、男性を誘惑するテクニックに長けており、破壊的な魔性の女なのです。

ドラマ最終回ではお金持ちの外国人紳士をはべらせて、「人生チョロかった!あははは…!」と高笑いするシーンは今も忘れられません。

そのヒールな役で吉岡里帆さんの演技力は高く評価され、第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞や第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を受賞しました。

●2017年には劇場版アニメ「名探偵コナンから紅の恋歌」で枚本未来子役で吉岡さんは声優初挑戦しました。

未来子は江戸川コナン(工藤新一)のライバル的存在服部平次の高校の同級生でかるた部の主将をしている女子高生です。

平次と平次のガールフレンド、和葉と共に爆破事件に巻き込まれる重要な役どころです。

吉岡さん自身が京都府出身なので関西弁のセリフは問題なかったようです。

声優初挑戦の吉岡さんはこの役を務めるにあたり、相当緊張したそうです。

吉岡里帆の演技力は【上手い派・下手派】をまとめてみた

【上手い派】の意見

吉岡さんの演技は惹き込まれますよね。

書道の方も相当な腕前だそうですね。

可愛いくてきれいで演技力があるなら女優として無敵ですよね。

【下手派】の意見

演技が微妙ってどのくらい微妙なのでしょうか。

たしかにドラマ「カルテット」の吉岡さんの役どころはかなりインパクトありました。本当に悪女なのかと思いましたね。

吉岡さん、見た目がかわいすぎて演技うんぬんより先に見た目に目がいってしまうのはわかります。

まとめ

7月から始まったTBSドラマ「ごめん、愛してる」でヒロインの三田凛華役を演じる吉岡里帆さん、今回彼女の演技力について調べてみました。

吉岡さんが出演した作品で一番記憶に新しいのは、今年のTBSドラマ「カルテット」での来杉有朱役です。

かなりぶっとんだ役で、破壊的魔性の女を吉岡さんは楽しんで演じられている印象を持ちました。

そして今やっているドラマではかなりピュアで心優しい女性の役です。

「カルテット」のときとは180度違う役柄で、こういう役も演じられるんだと思いました。今後も吉岡さんの演技は楽しみですね。

こちらも読まれています

ごめん、愛してる相関図キャスト!原作は韓国ドラマの超絶人気作品

新垣結衣演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

窪田正孝 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

高畑充希 演技力の評価 【上手い・下手】を分析してみた結果

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする