もしも広告

わろてんか 脚本家は吉田智子!原作やあらすじキャスト情報!

出典:わろてんか 公式HP

平成29年度後期のNHKの連続テレビ小説は「わろてんか」というドラマです。

吉本興業の創業者である吉本せいの生涯をもとにしたストーリーです。

まず「わろてんか」の原作やあらすじを紹介します。そして主演やキャスト一覧を紹介します。

「わろてんか」の脚本家は吉田智子さんが担当します。吉田智子さんのこれまでに携わった作品を紹介します。

スポンサードリンク
レクタン大

わろてんか 原作やあらすじは?

次のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は原作はなく脚本家の吉田智子さんのオリジナル作品です。あの吉本興業の創業者である吉本せいさんがモデルとなっています。

明治時代後期から第二次世界大戦時までの大阪が舞台で、寄席経営にチャレンジする女性で、笑いを日本で初めてビジネスとして成功させた姿を描いています。

ヒロインの藤岡てん(葵わかな)は京都の老舗薬種問屋の長女で、マナーに厳しい父親から人前で笑ってはいけないと教えられ育ちます。

しかし、そんなヒロイン、てんにとって運命的な出会いがあります。大阪船場の米穀商の跡取り息子である北村藤吉(松坂桃李)です。

彼はすごい芸事が好きで人生に笑いが不可欠という考えを持っていました。藤吉に恋したてんは親の反対を無視してほぼ駆け落ちして彼と結婚します。

てんは笑っていきる喜びをつかんだのですが、まもなく藤吉が本業の家業をおろそかにして店が経営難に陥ります。そんな時てんはあることを決意するのです。

夫の好きな笑いを商売にしてみないかと夫に言ってから、てんと藤吉は素人ですが大阪だけでなく日本中の人を笑わせるために、協力しあいながら大きな挑戦が始まります。

明治後期から昭和初期にかけて大阪は「笑いの都」と呼ばれるようになりました。

実在した吉本せいさんや他にその当時活躍された芸人や文化人の人生をヒントに、彼らが激動の時代をたくましく生きぬいていく姿勢を笑いあり、涙ありのエピソードをたくさんのせて描いています。

わろてんか 主演キャスト一覧

●藤岡てん(葵わかな)(幼少期は新井美羽)…京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の長女。笑い上戸な女の子ですが、そのせいで実家の店の大事な商談を台無しにしてしまい、父から笑うのを禁止されます。

それからは家では仏頂面を貫いていました。藤吉(松坂桃李)と出会い彼に恋します。

実家の店が破産しそうになったとき、生きる気力をなくした父親を笑わせようとてんはがんばります。

父親が笑って元気になった姿を見て、てんは笑いのパワーはすごいことを再認識し、藤吉と駆け落ち同然の結婚をしようと決めます。

●北村藤吉(松坂桃李)…旅芸人一座「福楽座」の一員に紛れ込んでいた大阪船場の米問屋「北村屋」の長男。「笑いは人を幸せにする力がある」とてんに教えます。後にてんと結婚するために船場に戻り家業を継ぐことを決心します。

人を簡単に信用して失敗することもありますが、てんに「一生笑わせてやる」と誓って、それを実現するために突っ走るようなロマンチストです。

●武井風太(濱田岳)(幼少期は鈴木福)…てんの従兄で「藤岡屋」の手代。てんの幼馴染みで実はてんに秘かに片思いしています。てんのためなら命をかけるほど熱い男です。てんが藤吉と結婚してからもてんに生涯忠誠を誓う一本気を持っています。

●伊能栞(高橋一生)…大阪の伊能薬品の社長の息子ですが正妻の子でないから実家とは距離を置く関係です。てんのお見合い相手でしたがてんが藤吉を好きなのを知り、てんを後押しします。

高橋一生 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

●藤岡儀兵衛(遠藤憲一)…京都の老舗薬種問屋「藤岡屋」の当主で番頭上がりの婿養子、堅物なてんの父。

●藤岡しず(鈴木保奈美)…おっとりして浮世離れしているてんの母。料理が得意。夫のことをだれよりも察していて、父親と子供たちの仲を取り持っています。

●藤岡ハツ(竹下景子)…てんの厳しい祖母。しずの母。儀兵衛もハツのことを恐れています。

●藤岡新一(千葉雄大)…てんの優しい兄。薬学科の学生。幼いころから病弱なため、どんな病気も治せるような薬を開発したいという想いがあります。将来ドイツに研究するために留学したいと夢見ています。厳しい父親に反抗することもありますが、家業の仕事に誇りを持っており、まじめに働く父親を尊敬しています。

●藤岡りん(堀田真由)…てんが大好きなてんの妹。てんと違って控えめにしているりんは父親から怒られたことがありません。しかし、てんが駆け落ちを決めたとき、りんはそれまでなかったような大胆すぎる行動をして周りを驚かせます。

●トキ(徳永えり)…藤岡屋の従業員で、てんの身の回りの世話をする付き女中。てんの恋愛相談をきいてくれる、てんにとって姉のような存在。トキ自身は恋の経験がなく、すべて恋愛小説の受け売りです。風太のことを気にしてはいます。

●北村啄子(つえこ)(鈴木京香)…「北村屋」のご寮(りょん)さん。藤吉の母。夫が亡くなってから、女手一つで店を経営し、子供二人を育ててきました。藤吉が「北村屋」を継いでくれることを誰よりも望んでいます。てんに初めは何かと厳しくしますが、投げ出さないてんに予想外に商売のいろはを教えます。

●秦野リリコ(広瀬アリス)…てんの恋敵。芸人一座に小さいころからいて、藤吉を兄のように思って、それが恋心にかわりました。てんと藤吉の仲を邪魔しようとひっかきまわします。

●キース(大野拓朗)(幼少期は前田旺志郎)…藤吉やリリコの芸人仲間。メガネが特徴で、賢くて海外文化などの知識もはる博学な芸人。トラブルメーカー。後にアサリ(前野朋哉)とコンビを組み、「しゃべくり漫才」のパイオニアになります。

●アサリ(前野朋哉)…キースの相方でドケチで俄か芸人。

●万丈目吉蔵(藤井隆)…全然面白くない芸人。

●万丈目歌子(枝元萌)…吉蔵の妻。

●寺ギン(兵動大樹)…興業界の風雲児。

●亀井庄助(内藤勝則)…寄席の元席主。

●杉田楓(岡本玲)…藤吉の母が勝手に決めた藤吉の許婚。船場の大きい店の娘で商売の才能も有りますが、結婚に愛情は必要ないという考えの持ち主。

わろてんか 脚本家は吉田智子が担当!

「わろてんか」の脚本は小説家であり脚本家でもある吉田智子さんが担当します。

広告会社のコピーライターをしてから、1999年に日本テレビのドラマ「君といた未来のために~I’ll be back~」の作品で脚本家デビューしました。

最近では映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」や映画「君の膵臓をたべたい」など、恋愛モノの映画がヒットしています。

吉田智子さんのこれまでに脚本担当した主なドラマの紹介をします。

  • 2003年、フジテレビのドラマ「美女か野獣」
  • 2007年、日本テレビのドラマ「働きマン」
  • 2011年、フジテレビの月9ドラマ「全開ガール」
  • 2012年、フジテレビのドラマ「カエルの王女さま」
  • 2015年、日本テレビのドラマ「学校のカイダン」

上記のように吉田智子さんは軽快なタッチのドラマやヒューマン系の話を書かれています。

まとめ

今年の秋から始まるNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は吉本興業の創業者の吉本せいさんがヒロインのモデルとなっているドラマです。

明治後期から昭和初期の大阪を舞台に一人の女性が日本に笑いをビジネスにしようと奮闘する姿を描いています。脚本家は吉田智子さんです。

吉田智子さんといえば今年の大ヒット映画「君の膵臓をたべたい」の脚本を務めています。ドラマでもたくさんの話題になった作品を手掛けています。

「わろてんか」は吉田智子さんの腕でどのような世界観になるのか楽しみです。その激動の時代を生き抜いた人たちのエピソードはどんなものがあるのか、今からワクワクしています。

こちらも読まれてます

わろてんか主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

わろてんか主題歌は松たか子「明日はどこから」歌詞と発売日はいつ?

わろてんか ロケ地(京都・大阪)撮影場所を公開!東京進出もある!?

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする