もしも広告

陸王 主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

出典:陸王 公式HP

2017年10月の夜9時からTBSで放送されるドラマ「陸王」で流れてくる主題歌(OP/ED)や、それ以外にも気になる挿入歌、サウンドトラック(BGM)などの音楽情報についてまとめてみました。

ドラマ主題歌が起用されるとなれば、アーティストのイメージが定着するぐらいの影響力があるので見逃せないですよね!

そして、何気に流れてくるBGM(サウンドトラック)などは、ドラマ全体の雰囲気をガラッと変えてしまう程のインパクトを与えます。

ドラマ「陸王」について詳しい情報が入り次第どんどん更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサードリンク
レクタン大

陸王 主題歌は?

役所広司主演ドラマ「陸王」の主題歌を調べてみてもまだ情報はないです。分かり次第追記していきます。

池井戸潤さんが原作でドラマ化される「陸王」ですが、これまでの作品を振り返ってみると「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「花咲舞が黙ってない」「ようこそ、わが家へ」「下町ロケット」など数々の名作を生み出されては、視聴者を虜にするほど注目され続けてきました。

特に「半沢直樹」は流行語大賞にも選ばれたほど人気を博しましたね。

今回、プロデューサーは半沢直樹のときと同じで「伊與田英徳」「飯田和孝」「川嶋龍太郎」の3人です!作品も池井戸潤さんの原作に携わってきています。

  • 伊與田英徳「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」
  • 飯田和孝「半沢直樹」
  • 川嶋龍太郎「半沢直樹」「下町ロケット」

そして、これらの作品に共通して言えることは主題歌が

「ない」

ということです。

ひょっとすると「陸王」でも主題歌はないかもしれませんね。

陸王 挿入歌は?

現在のところ「陸王」の挿入歌を調べてみてもまだ情報はないです。挿入歌について分かり次第追記していきます。

陸王 サウンドトラック(BGM)は?

今回、「陸王」でサウンドトラック(BGM)を担当するのは「服部隆之」(はっとり たかゆき)さんです。

実はまだ断定ではありませんが、過去作品を見てみると「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」でサウンドトラックを担当したのは「服部隆之」さんでした。

1965年生まれ、成蹊高等学校2年の時に中退して、フランス・パリのコンセルヴァトワール、パリ国立高等音楽院和声科、対位法科に入学し修了した後、1988年に帰国してから音楽家として作曲、編曲家として活動します。

服部さんの家系もすごくて、祖父と父親は有名な作曲・編集家で、妻と娘はヴァイオリニストということもありまさに音楽一家なんです。

ドラマ作品一覧

  • HERO(2001年、2014年)
  • 新選組!(2004年)
  • のだめカンタービレ(2006年)
  • 華麗なる一族(2007年)
  • デスノート(2015年)
  • 真田丸(2016年)他多数

アニメ作品一覧

  • 機動戦艦ナデシコ(1996年)
  • シスター・プリンセス(2001年)
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN(2015年)
  • ID-0(2017年)他多数

編曲したアーティスト

  • さだまさし
  • 福山雅治
  • 椎名林檎
  • 山崎まさよし
  • 小沢健二

ちなみに、「真田丸」の音楽の主体はヴァイオリンでしたが、ヴァイオリンしかできないスリル感や高揚感、または土着感を盛り込んだワイルドなイメージが重なったからだと公言しています。

アニメも根強い人気作品を手掛けてきましたが、服部隆之さんはドラマ音楽について、ただの音を付ける程度では音楽の輝きを失われるからと、ドラマというすべての芸術の中でのスパイスとして、BGMのさじ加減がいかに大事かを積極的に説いています。

「半沢直樹」や他の有名な楽曲を聴くならこちらで服部隆之楽曲一覧

まとめ

以上で「陸王」主題歌、挿入歌(OP、ED)サントラ(BGM)音楽情報についてまとめてみました。

主題歌、サウンドトラックを担当する方は、9/16時点ではまだ公表されていないのでこれまで担当してきたプロデューサーやサントラを調べた結果このような予想になりました。

主題歌は半沢直樹のチームそのものが結成されているので陸王の主題歌も「なし」になる可能性が高いです。

そして、サウンドトラックも服部隆之さんが参加するのではないかと思われます。

また情報が入り次第追記していきます。

こちらも読まれています

陸王 脚本家は八津弘幸が担当!原作やあらすじキャスト情報!

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする