もしも広告

真木よう子 演技力の評価 【上手い・下手】を分析してみた結果

出典:セシルのもくろみ 公式ツイッター

7月13日からフジテレビのドラマ「セシルのもくろみ」が始まりました。真木よう子さん主演で、ごく普通の主婦がファッション誌の読者モデルになり、モデルとして成長していくお話です。そこで真木よう子さんの演技力について分析してみました。

これまでの主な出演ドラマ、映画などを振り返り、視聴者による上手い派と下手派のコメントを紹介します。

スポンサードリンク
レクタン大

真木よう子の主な作品は?

●プロフィール
名前:真木よう子(まき ようこ)
生年月日:1982年10月15日
出身地:千葉県印西市
身長:160cm
血液型:A型
趣味や特技:映画鑑賞、漫画、スポーツ(とくに陸上)、ワイヤーアクション

●ドラマ、映画の経歴

ドラマ

  • 2008年、テレビ東京のドラマで「週刊真木よう子」で主演を務めました。
  • 2010年、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」でお龍役を演じました。
  • 2013年、フジテレビのドラマ「最高の離婚」で上原灯里役を演じました。
  • 2015年、フジテレビのドラマ「問題のあるレストラン」でヒロイン、田中たま子役を演じました。

映画

  • 2005年、映画「パッチギ!」でチョン・ガンジャ役を演じました。
  • 2006年、映画「ベロニカは死ぬことにした」で初めて主演を務めました。
  • 2013年、映画「さよなら警告」でヒロイン、尾崎かなこ役を演じました。
  • 2013年、映画「そして父になる」で斎木ゆかり役を演じました。
  • 2015年、映画「脳内ポイズンベリー」でヒロインの櫻井いちこ役を演じました。

真木よう子の演技力を分析してみた

●2010年のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」で真木よう子さんは主人公、坂本龍馬(福山雅治)の妻、龍役を演じました。

この作品は三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎の視点で描かれた坂本龍馬の生涯です。

龍は龍馬が寺田屋で襲われたときに入浴中にもかかわらず助けたり、龍馬の危機的状況を何度も助けた女性です。

龍は日本中を駆け抜けた龍馬を陰で支え続けました。

視聴者からは笑顔が無い、地味すぎという声はあったそうですが、家族を一人で守っていく責任感や龍馬と出会って彼に惹かれていく心情の変化をうまく表現されていました。

●2013年の映画「さよなら渓谷」で真木よう子さんは主役の尾崎かなこ役を演じました。

この作品は芥川賞作家の吉田修一さんの小説が原作です。

幼児殺人事件がきっかけとなり、週刊誌の記者が事件を調べていくうちに、ある1組の夫婦のとんでもない秘密にたどり着いてしまいます。

尾崎かなこは、都心からそう遠くない景勝地で、籍を入れずに謎の夫婦生活を送っている役です。

この映画では第37回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を筆頭に第5回TAMA映画賞の最優秀女優賞や第37回山路ふみ子映画賞女優賞や、第35回ヨコハマ映画祭の主演女優賞など多くの賞を獲りました。

●2013年の映画「そして父になる」ではある2組の夫婦の子が出生時に病院で取り違えられており、その取り違えられた子の母親役を真木よう子さんは演じています。

福山雅治さん主演で、真木よう子さんはリリー・フランキーさんと夫婦の役です。

この映画で真木よう子さんは第37回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞や第28回高崎映画祭の最優秀助演女優賞を受賞しました。

真木よう子の演技力は【上手い派・下手派】をまとめてみた

【上手い派】の意見

真木さんが演じる主婦がただの暴走キャラクターでないことを祈ります。

真木さんはかっこいいイメージのある女優さんですね。

真木さんは美人で芯が強そうですね。男兄弟の中で育ったからか、性格は男っぽいらしいですよ。

前に出演されてたドラマでは真木さんのアクション、とてもかっこよかったですね。

【下手派】の意見

共演者の吉瀬美智子さんは美しすぎますね。真木さんが演じるキャラクターはかなりガサツな女性に見える気がします。

確かに真木さんが演じている役は共感しづらいかもしれません。

視聴率は今期ドラマの中でもワーストに入るらしいですが、打ち切りせずに続けてほしいです。

真木さんはそんなに滑舌悪いのでしょうか。確かに滑舌の悪い俳優さんは演技するうえで致命的だと思います。

まとめ

7月から始まったフジテレビのドラマ「セシルのもくろみ」のヒロインを務める真木よう子さん、彼女の演技力について調べてみました。

真木さんはこれまでにNHKの大河ドラマで主要な役や映画やドラマではシリアスでミステリアスな役、いろいろ演じてこられました。

映画「さよなら渓谷」では日本アカデミー賞最優秀女優賞を始め、数々の賞を受賞してきました。実力は折り紙つきです。

今やっているドラマ「セシルのもくろみ」では、ごく普通のファッションに興味のなかった主婦がひょんなことから有名女性ファッション誌の読者モデルとなり、華やかな世界を舞台にモデルとしてのし上がっていくストーリーです。

真木さんの演じる宮地奈央はドラマを見ているとどうもガサツな感じが否めません。

しかも真木さん、激やせしておりモデルの健康的な美より病的な痩せかたに見えて心配になります。

これからどのように奈央がモデルとして成長していくのか気になります。これからも目が離せないですね。

こちらも読まれています

セシルのもくろみ相関図キャスト!原作は唯川恵の人気小説

セシルのもくろみ主題歌は夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」歌詞と発売日はいつ?

山下智久演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

高畑充希 演技力の評価 【上手い・下手】を分析してみた結果

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする