もしも広告

過保護のカホコ主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

出典:過保護のカホコ 公式HP

7月 12日(水)の夜10時から日本テレビで放送されるドラマ「過保護のカホコ」で流れてくる主題歌(OP/ED)や、それ以外にも気になる挿入歌、サウンドトラック(BGM)などの音楽情報についてまとめてみました。

ドラマ主題歌が起用されるとなれば、アーティストのイメージが定着するぐらいの影響力があるので見逃せないですよね!

そして、何気に流れてくるBGM(サウンドトラック)などは、ドラマ全体の雰囲気をガラッと変えてしまう程のインパクトを与えます。

ドラマ「過保護のカホコ」について詳しい情報が入り次第どんどん更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサードリンク
レクタン大

過保護のカホコ 主題歌は?

高畑充希主演ドラマ「過保護のカホコ」の主題歌を調べてみてもまだ情報はないです。主題歌について分かり次第追記していきます。

高畑充希さんはCMや舞台で歌唱を披露されておりかなりの実力者で、アーティストとしてこれまでCDやドラマの主題歌にも起用されています。

事務所はワーナーミュージック・ジャパンということで人気アーティストが所属していることもあるのでこの中から選ばれる可能性が高いですね。

映画『ひるね姫』主題歌

過保護のカホコ 挿入歌は?

現在のところ「過保護のカホコ」の挿入歌を調べてみてもまだ情報はないです。挿入歌について分かり次第追記していきます。

過保護のカホコ サウンドトラック(BGM)は?

今回「過保護のカホコ」のサウンドトラック(BGM)を担当するのは、平井真美子(ひらい まみこ)さんです。

平井真美子さんは、ピアニスト/作曲家。桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業し、どんな人でも去来したことがある想いをトレースするかといった様なキレイで親しみ易く前 向きな音色が特徴。

これまでの作品一覧を見てみると、第一三共ヘルスケア、キューピー、ケンタッキー、資生堂、日立など様々な CMの楽曲を担当している他、近年、映画(松竹映画「60歳のラブレター」など)の音楽プロデューサーを務めてきている。

オリジナルピアノソロライブ「Piano Diary」の活動を展開しています。あと森山直太朗のサポートピアニストとしても活動している。

最近のドラマでは「屋根裏の恋人」のサウンドBGMを担当。

まとめ

以上で「過保護のカホコ」主題歌、挿入歌(OP、ED)サントラ(BGM)音楽情報についてまとめてみました。

高畑充希さんが主演するので希望としては本人がドラマ主題歌を歌って欲しいのですね。あれだけの歌唱力を持っているのでドラマの役柄(カホコ)でデビューするのもありかも。

サウンドトラック(BGM)は平井真美子さんが担当されることになりました。「過保護のカホコ」ではどのようなピアノの音色を聴かせてくれるのか楽しみです。

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする