もしも広告

井上真央 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

出典:mdpr

10月17日からフジテレビのドラマ「明日の約束」が始まります。

今回、このドラマに主演する井上真央さんの演技力について注目してみました。

井上真央さんのこれまでの主な出演作品をふり返り、その演技力について調べてみました。さらに視聴者による井上真央さんの演技についての意見を上手い派と下手派に分けてまとめてみました。

スポンサードリンク
レクタン大

井上真央の主な作品は?

●プロフィール

名前:井上真央(いのうえ まお)
生年月日:1987年1月9日
出身地:神奈川県横浜市
身長:158cm
血液型:O型
趣味や特技:ドライブ、バスケットボール、バトミントン、文字や手紙を書くこと、日本舞踊、音楽、油絵

●ドラマ、映画の経歴

ドラマ

  • 1999年~2003年、TBS系列の昼ドラマ「キッズ・ウォー~ざけんなよ~」シリーズで今井(中西)茜役を演じました。
  • 2005年のTBSのドラマ「花より男子」と2007年の「花より男子2」で主役の牧野つくし役を務めました。
  • 2007年、フジテレビのドラマ「ファースト・キス」で主役の福永美緒役を務めました。
  • 2010年、TBSのドラマ「獣医ドリトル」で多島あすか役を演じました。
  • 2011年、NHKの連続テレビ小説「おひさま」で主役の須藤(丸山)陽子役を務めました。
  • 2012年、日本テレビのドラマ「トッカン 特別国税徴収官」で主役の鈴宮深樹役を務めました。
  • 2015年、NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で主役の杉文役を務めました。

映画

  • 2008年、「花より男子F」で主役の牧野つくし役を務めました。
  • 2009年、「僕の初恋をキミに捧ぐ」で主役の種田繭役を務めました。
  • 2010年、「ダーリンは外国人」で主役のさおり役を務めました。
  • 2011年、「太平洋の奇跡―フォックスと呼ばれた男―」で青野千恵子役を演じました。
  • 2011年、「八日目の蝉」で主役の秋山恵理菜役を務めました。
  • 2013年、「永遠の0」で松乃役を演じました。
  • 2014年、「白ゆき姫殺人事件」で主役の城野美姫役を務めました。

井上真央の演技力を分析してみた

●2005年のTBSのドラマ「花より男子」と2007年のドラマ「花より男子2」で、井上真央さんは、主役の牧野つくし役を務めました。このドラマは神尾葉子さんの超人気少女漫画「花より男子」が原作で、大ヒットしたのち、映画化もされました。

井上真央さんが演じる牧野つくしは一般庶民の娘で親の見栄により、富裕層の子たちが通う名門、英徳学園高校に入学した女子高生です。

その学園の中で目立たないように地味に過ごしていたつくしでしたが、ある日この学園を牛耳っているF4(花の四人組、道明寺司、花沢類、西門総二郎、美作あきら)とのトラブルに巻き込まれ、学園全体からいじめのターゲットにされてしまいます。

しかし正義感の強さや雑草のような根性を持っていたつくしは、そのいじめに屈せず、F4のねじまがった性根を叩きなおそうと立ち向かっていきます。そんなとき道明寺司(松本潤)はつくしに片思いしていき、つくしの人生が変わり始めます。

つくしははじめ、花沢類(小栗旬)に恋をしますが、一途な道明寺に次第に惹かれていきます。井上真央さんは牧野つくしの役がとてもはまっていました。「花より男子」は井上真央さんの代表作と言ってもいいと思います。

ドラマ「花より男子2」により井上真央さんは第10回日刊スポーツ・ドラマグランプリ主演女優賞を獲りました。

●2011年、井上真央さんは「八日目の蝉」で主役の秋山恵理菜役を演じました。この作品は角田光代さんの小説「八日目の蝉」が原作です。

井上さんは、生後6か月で父親の不倫相手、野々宮希和子(永作博美)に誘拐されて4歳までその人に愛情を注がれて育ち、希和子が逮捕されたため、本当の家に戻ってきた、恵理菜役を演じています。

恵理菜は自分を誘拐した女性を本当の母親と信じていたのに、その事件により自分が何者かわからずに生きてきました。大人になった恵理菜は職場の男性と不倫関係になり、その人の子を妊娠してしまいます。

希和子と過ごしたときによく遊んでいた女性、千草(小池栄子)と再会し、千草と一緒に希和子と過ごした思い出の場所をたどりながら、失った自分を取り戻していく姿を演じています。

井上さんは、数奇な体験をした女性が見せる複雑な心情を抱えながら、真実の愛や母性とは何かを探しながら成長していく難しい役どころを見事に演じきりました。

この作品で井上真央さんは、第3回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞や、第35回山路ふみ子映画賞新人女優賞や第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などを獲りました。

井上真央の演技力【上手い派・下手派】をまとめてみた

【上手い派】の意見

井上真央さんは幅広い世代の方たちから愛されていますよね。

2017年秋ドラマ「明日の約束」は久しぶりの井上真央さんがドラマ復帰しました。高校生の生活の悩みを解決するカウンセラーひなた役に期待以上の演技に絶賛する人が続出しています。

4枚の写真は4枚とも違った表情をする井上真央さん、さすがキャリアが長いだけありますね。

舞台の井上真央さん、生で見てみたいです。迫力がテレビの画面ごしとは全然違いそうですね。

「キッズ・ウォー」の頃、リアルタイムで観ていました。すごい芯の強そうな子役がいるなぁと思いました。意志の強そうな女優さんだと思います。

【下手派】の意見

そういう意見の方もいらっしゃるのですね。連続テレビ小説「おひさま」のときの井上さんは、優しい人柄が伝わってきて、ほほえましく観ていました。

まとめ

今回、井上真央さんの演技力について調べてみました。これまでの井上真央さんの主な出演作品を見てみると、その当時の話題作にいくつも出演されています。

個人的には「花より男子」の牧野つくしのように、普通に近所にいそうな親近感のある女性を演じさせたら、右に出るものいないなと思いました。

視聴者からの井上真央さんの演技力に関する意見では、たいていの方が彼女の演技を上手いと思っています。

また演技から伝わる井上さんの人柄に惹かれている方が多い気がします。やはり井上さんの真面目で努力家な感じが年配の視聴者にも受け入れられているのだと思います。

今回久々に連続ドラマに復帰される井上真央さんは「明日の約束」でスクールカウンセラーの役をします。過干渉な母親との関係に悩んできた経験のある女性を、井上さんがどう演じられるのか、楽しみです。

こちらも読まれてます

明日の約束 脚本家は古家和尚が担当!原作やあらすじキャスト情報!

篠原涼子 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

綾瀬はるか 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

米倉涼子 演技力の評価【上手い・下手】を分析してみた結果

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする