もしも広告

ひよっこ 主題歌「若い広場」の歌詞の意味!故郷を心の片隅でも良いから

出典:ひよっこ 公式ツイッター

2017年4月3日からNHK朝の連続テレビ小説(第96作)『ひよっこ』が放送されます。

主演は有村架純さんで、1964年(昭和39年)の東京オリンピックが開催された頃のストーリーのようです。

そしてドラマの印象を左右する主題歌。こちらは桑田佳祐さんの「若い広場」に決まったようです!

そこで今回は『ひよっこ』の主題歌「若い広場」について、そして歌詞の意味と発売日はいつになるのか詳しく見ていきたいと思います。

子役のちよ子役は誰?⇒ひよっこ ちよ子役宮原和の性格や演技力は?有村架純の妹役が気になる

スポンサードリンク
レクタン大

ひよっこのあらすじ

出典:ひよっこ 公式HP

まずは『ひよっこ』のあらすじから。

昭和39年、東京オリンピックが開催された頃の物語。

茨城県北西部の奥茨城村で、家族とのんびり暮らしていた17歳の谷田部みね子(有村架純)。

父(沢村一樹)は兄の大学費用を稼ぐために東京に出稼ぎに行ったが、正月に帰ってこず行方不明となってしまう。

みね子は失踪した父親を探すために、幼馴染2人(佐久間由衣・泉澤祐希)と集団就職で東京に上京し、町工場で働き始める。

しかし仕事に慣れてきた頃、みね子の働く工場がオリンピック後の不況で倒産。

職を失ったみね子を拾ってくれたのは、父が帰省した時に「美味しい」と話していた東京の洋食屋だった。

そこで働きながら父を探し、様々な経験を積み『ひよっこ』から一人前の女性として成長していくみね子。

果たして失踪した父は見つかるのか・・・?

『ひよっこ』基本情報

放送日:2017年4月3日(月)から9月30日(土)全156回(予定)

主演:有村架純

脚本:岡田惠和

プロデューサー:山本晃久

演出:黒崎博、田中正、福岡利武

語り:増田明美

主題歌:桑田佳祐「若い広場」

『ひよっこ』の主演が有村架純さんに決定されましたが、今回はなんとオーディションなしの大抜擢だったらしいです!それだけ役にピッタリということですよね。

そして今回の朝ドラは久しぶりに原作がなく、岡田惠和さんのオリジナルとなります。

岡田さんはこれまでに『ちゅらさん』、『おひさま』でも朝ドラの脚本を手がけていますので、今回も期待できそうですね。

では次に主題歌に決定した、桑田佳祐さんの「若い広場」について見ていきたいと思います。

ひよっこの主題歌は桑田佳祐の「若い広場」

『ひよっこ』の主題歌は、桑田佳祐さんの「若い広場」に決定しました。桑田佳祐さんは、NHKの朝ドラに楽曲提供するのは初めてとのこと!意外ですよね。

主題歌「若い広場」歌詞の意味は?

主題歌について桑田佳祐さんは、このようにコメントされています。

この度は主題歌のお話を頂戴し身に余る光栄でございます。

「ひよっこ」は1964年を舞台に始まる物語ということで、自然と自分自身の人生を今一度辿っていくような感覚とともに、夢と希望に溢れた日本の未来に思いを馳せながら、歌詞を綴りました。

古き良き日本の情感のようなものも、合わせて感じていただけますと幸いです。

ドラマとともに、この楽曲も、ぜひともみなさまにお楽しみいただければと思います。

引用:NHKドラマ

「若い広場」の歌詞の意味を見ていきます。

主人公のみね子は茨城を出て東京へ働きに出る、というのがこのドラマのこれからの展開のようです。

彼女や女優志望の友人たちがこれから発展していく東京(広場)を舞台に、いろいろ悩み成長していくストーリーだと思いますので、この歌はそんな若い彼らへの応援歌だと思って聞いています。

歌の中に『幼いころの大事な宝物はは心の中にずっと抱きしめて』というようなフレーズがあったと思いますが、東京へ出ても自分の故郷の事を忘れずにいて欲しい、という若者たちへの願いも込められているのではないでしょうか。

有村さんは主題歌「若い広場」について

「ゆったりとした曲調が、1960年代から始まるこの物語をフワーッと想像させてくれる。どこかしら懐かしく感じるメロディー。」

とコメントされているので、昭和のレトロな感じの曲調なのではないかと思います。

「若い広場」の発売日は現在未定、歌詞情報も分かっていません。情報が入り次第追記します。

しかし発売日は過去の朝ドラ主題歌からある程度予想が出来ます。

「あさが来た」AKB48「365日の紙飛行機」約3ヶ月後
「とと姉ちゃん」宇多田ヒカル「花束を君に」11日後配信
「べっぴんさん」Mr.Children「ヒカリノアトリエ」約3ヶ月後

CDリリースだと約3ヶ月後の発売で配信だと早めに発表されると思います。

桑田佳祐ドラマ主題歌を振り返る

では次に、桑田佳祐さんが担当した過去のドラマ主題歌を見てみたいと思います。

・明日晴れるかな/ドラマ『プロポーズ大作戦』主題歌

・銀河の星屑/ドラマ『CONTROL〜犯罪心理捜査〜』主題歌

・Yin Yang/ドラマ『最高の離婚』主題歌

こちらは、明日晴れるかな/プロポーズ大作戦の主題歌

意外や意外!調べてみると、桑田佳祐さんが担当したドラマ主題歌はこれしかありませんでした!もっと多いかなと思っていたのでビックリです。

ソロだからですかね。CMソングの方が圧倒的に多かったです!

まとめ

ひよっこは「金の卵」として集団就職した主人公が、自分の殻を破って成長するストーリー。

有村さん演じるおっとりとしたみね子が、東京でどのように成長していくのか気になります。

また1回目の東京オリンピックに沸いた当時の日本を、忠実に再現してくれると思うのでそちらも楽しみですね。

2020年の東京オリンピックが開催決定している現代と、色々対比できそう。

そして『ひよっこ』の主題歌、桑田佳祐さんの「若い広場」も昭和ならではの家族の暖かさや、高度経済成長での人々の生き生きとした姿をイメージした曲で、この時代の若者たちの未来へのエールを送っているようにも感じました。

放送後、その当時を思い出させてくれるようなゆったりとした曲調と歌声に、視聴者からは好評な意見が多かったです。


桑田佳祐さんの歌い方にクセはあるものの、聞いていくうちに味が出てくるのが主題歌なので半年間「若い広場」の歌詞に乗せてみね子の成長を見届けていきましょう!

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする