もしも広告

セシルのもくろみ相関図キャスト!原作は唯川恵の人気小説

出典:セシルのもくろみ 公式HP

今年7月からフジテレビの木曜22時枠でドラマ「セシルのもくろみ」が始まります。このドラマの原作は、直木賞作家の唯川恵さんの同名小説です。

ファッション雑誌「STORY」で2008年から2010年に連載されて大好評でした。

普通の主婦がひょんなことからファッション雑誌の読者モデルになり、モデルとして成功していくお話だそうです。

今回は2017年夏に始まるこのドラマのキャストやあらすじ、原作内容を紹介します。

動画を見逃した時あなたならどうする?【youtube、Dailymotion】からはやめておけ!⇒
セシルのもくろみ無料動画youtube、Dailymotion等共有サイトからは危険!?

スポンサードリンク
レクタン大

セシルのもくろみ相関図キャスト!

※相関図は公表され次第記載していきます。

○宮地奈央(真木よう子)・・・このドラマの主人公。夫と中1の息子と3人で暮らしています。惣菜屋でパートをしており、毎日の小さな幸せに満足している母親であり主婦です。体育会系のサッパリした性格です。

だがそんなある日、人気女性ファッション雑誌「ヴァニティ」の編集者に読者モデルとしてスカウトされてから、おしゃれとは無縁の生活をしていた彼女の生活が激変します。

真木よう子 演技力の評価 【上手い・下手】を分析してみた結果

○浜口由華子(吉瀬美智子)・・・奈央の憧れる人でもあり最大のライバルになる「ヴァニティ」のカバーモデルを務めているカリスマモデル。通称“ハマユカ”と呼ばれており、パーフェクトな女性です。

読者や社会から幸せそうに見られ続けることが自分にとっての使命だと思っています。

○沖田江里(伊藤歩)・・・「ヴァニティ」のファッションライターであり、読者モデルの奈央とコンビを組みます。元々はファッションブランドのPRをしていましたが、仕事が無くなり、ファッションライターに転身しました。

ライターとして少しでも早く成功したいのですが、理想と現実の間でもがいている、崖っぷちライターです。

○黒沢洵子(板谷由夏)・・・「ヴァニティ」の編集部デスクで奈央をスカウトした人。冷静沈着であり、策略家です。

○安永舞子(長谷川京子)・・・「ヴァニティ」の元ナンバー2モデルであり、今はテレビコメンテーターとして活躍しています。キツい話し方をしますが、独自の正義や仁義を持っており、バイタリティのある女性です。

セシルのもくろみあらすじ

宮地奈央(真木よう子)は金型仕上げ工で働く夫と中1の息子との3人暮らしで、おしゃれに興味がない専業主婦です。贅沢はできなくても毎日のちょっとした幸せに満足していました。

そんなある日、人気女性ファッション誌である「ヴァニティ」の編集デスク、黒沢洵子(板谷由夏)に読者モデルとしてスカウトされ、引き受けてしまいます。

奈央はファッション誌の業界は自分には合わない所だと毛嫌いし、自分自身を美しく見せることに抵抗感がありました。

しかし、奈央の相棒であるライターの沖田江里(伊藤歩)やトップモデルと接していくうちに、それまで奈央の中になかった価値観を見つけることになるのでした。

その価値観とは、「いつまでも美しくありたい」とか「いつまでも愛されたい」と願う女たちのもくろみでした。

嫉妬やプライド、生存競争や経済格差、道ならぬ男女関係などにもがきながら、奈央は気持ちのありかたも外見も変わっていきます。

セシルのもくろみの原作は唯川恵の人気小説から

直木賞作家、唯川恵さんの「セシルのもくろみ」は2008年~2010年に人気ファッション雑誌「STORY」で好評連載していました。

「STORY」はちょうど作中に出てくる女性ファッション誌「ヴァニティ」を思わせるようなファッション誌です。

「STORY」では実際に読者モデル出身の主婦モデルがこのファッション誌の表紙を飾ったこともあります。

タイトルの「セシル」とはフランスのフランソワーズ・サガンの小説「悲しみよこんにちは」に出てくる主人公のセシルからとっています。セシルはかわいい顔をして、恐ろしいことを考えている少女です。

専業主婦の宮地奈央は38歳で夫と息子の3人暮らしでした。ドラマでは編集デスクにスカウトされますが、原作では友人に誘いで軽い気持ちで読者モデルに応募して、合格します。

華やかなファッション業界に足を踏み入れた奈央は、モデルたちの様々な思惑に戸惑いながらも「負けたくない」という気持ちに気付き、努力してプロのモデルとてのし上がっていきます。

原作「セシルのもくろみ」小説を無料で試し読みが出来ます。

電子書籍の「eBookJapan」で会員登録すると1000冊以上の漫画をタダで読めるのでおすすめです。

会員登録は無料!もちろん月会費もずっと無料!初回購入限定で購入金額の50%を還元!

手軽に試したい人は1000円未満の購入でも1冊分(500ポイント)プレゼントを実地しているのでこの機会に利用してはどうでしょうか。

とりあえずeBookJapanで「セシルのもくろみ」を立ち読みする

まとめ

唯川恵さんの「セシルのもくろみ」という小説が7月からドラマ化され、注目されています。

主人公を真木よう子さんが演じ、脇を固める女優さんたちも板谷由夏さんや吉瀬美智子さん、など豪華です。

実際に現役モデルの女優さんも出演されるので、ファッション誌業界のリアルな世界が見られそうです。

一見華やかな世界ですが、女同士のドロドロした闘いもあるようで、ちょっと怖いですが楽しみです。

真木よう子さんが、ファッションに興味のない主婦を演じるというので意外に思いました。そして真木よう子さんが普通の主婦から読者モデルになり美意識を高く持つ女性へと変貌していく過程が楽しみです。

7月から始まるこのドラマが待ち遠しいです。

こちらも読まれています

セシルのもくろみ主題歌は夜の本気ダンス「TAKE MY HAND」歌詞と発売日はいつ?

セシルのもくろみ主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする