ブラックペアン最終回で母親がとった驚きの行動とは?結末、違いが多すぎる!!

人気の各動画配信系サービス(FOD・Paravi・Fulu)ドラマ見逃し配信
絶対零度・グッド・ドクター・限界団地▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初月無料

義母と娘のブルース・チアダン・この世界の片隅に

 


 

出典:ブラックペアン 公式HP

2018年4月ドラマでは1番話題となっている「ブラックペアン」ですが、原作を元にした物語となっていることから、早くも最終回はどのような結末が訪れるのか気になる方も多いようです。

しかも、主人公の設定違いや母親の登場により原作とは違ったドラマオリジナルのストーリー展開が予想されます。

なので今回は、始めに原作とドラマの違いを分析していきます。

そこから母親と主人公、そして佐伯との関係などを掘り下げて最終回に母親がとった驚きの行動を見ていきたいと思います。

※放送前の仮説なので温かくゆるゆるで見てもらえると管理人は喜びます(笑)

スポンサードリンク
レクタン大

ブラックペアン原作とドラマの違いを分析する

まず始めに、ブラックペアンの原作とドラマの違いを見ていきたいと思います。かなり違う部分が多いのでここは結構重要なポイントとなってきます。

「主人公の違い」

原作・・・多くの人の姿を主題として、ある物事を現わそうとしていますが、世良を主人公にして何かを訴えている場面が多く、まさしく主人公は世良でしょう。

ドラマ・・渡海征司郎を「オペ室の悪魔」ダークヒーローとして完全に主人公として扱っています。

「渡海の性格の違い」

原作・・・原作での渡海の一番の目的は復讐だけに生きている男。

ドラマ・・ドラマの海渡は手術成功率100%。そして天才外科医という名の元で
先進医療を実現させるために組織と権力に立ち向かう正義感の強い男。

「高階の活躍度の違い」

原作・・・高階は渡海と同じくらいの活躍を見せてくれる。まさしく第二の主人公とも言える存在です。

ドラマ・・他の大学出身の新任の医師として軽く紹介されて、あまり重要視されていません。

「佐伯の医者としての専門分野の違い」

原作・・・東成大学医学部付属病院の佐伯外科が舞台の中心で、佐伯の専門分野は腹部外科となっています。

ドラマ・・神の手を持つ心臓外科医で登場しています。

技術導入だけの問題に着目したものではなく、病院・研究室・製薬会社・医療メーカー、そして厚生労働省などの癒着問題にまで発展していく医療ドラマです。

「ストーリーの違い」

原作・・・ここまでの大規模な組織まで発展していきません。

ドラマ・・完全にドラマオリジナル部分だと思います。

「人物の性別の違い」

原作・・・世良が指導教育をする医学部2回生役は男性でした。

ドラマ・・ドラマでは(島津塔子)さんという女性を登場させています。その役に岡崎紗絵さんが演じています。

「新・キャラクターの登場」

原作・・・小説では登場していません。

ドラマ・・治験コーディネーター(木下佳織役)として加藤綾子さんを起用しています。

加藤綾子 演技力の評価!ブラックペアンから【上手い・下手】を分析してみた結果

「西崎啓介の活躍の違い」

原作・・帝華大学外科教授(西崎啓介)役は小説の中では、あまり目立たない存在です。

ドラマ・・西崎啓介役を市川猿之助さんが演じます。少しの登場でも深みのある味わいで、オーラがあります。存在感は、ずば抜けて輝いています。

「母親の登場での違い」

原作・・小説の中では主人公の母親は登場しません。

ドラマ・・渡海の母親が登場します。ドラマオリジナルでは母親が今回のキーパーソンになるのではと考えます。

スポンサードリンク

ブラックペアン最終回の結末はどうなる?

ここでは重要人物になるであろう3人に絞って、それぞれの行動や考えを書いています。

『渡海が最終回でとった行動

佐伯の不在中に過去に佐伯が患者の体内に置き忘れた、ペアンを患者の手術にて取り出してしまいます。これはまさに佐伯の医療ミスや佐伯によって父が無念の死をとげた恨みから、手術をしたのではと思います。

『佐伯が最終回でとった行動や胸中は

昔、患者に手術中にペアンを置き忘れたのではなく、出血止めのため外せなくて医療上の措置をしたことを皆の前で告白します。

佐伯の考えは、技術を学び習得してから機器を使用しなければ、命を危険にさらしてしまいます。そのことを医者になった多くの人に訴えたかったのではないかと思われます。

『世良の最終回での考え

佐伯と渡海から多くの事を学び、これからは患者を第一と考える立派な医者になりたいと、又必ずなると自分に誓ったと考えられます。

『佐伯の告白から渡海がとった行動

渡海はその場を去り、そして母の元へ行くのではと思われます。それに対し母親が海渡に対して驚きの行動に出ます。

ブラックペアン最終回で母親がとった驚きの行動とは?

母親が渡海へ秘密にしていた2つの真実が明かされることになります。それを告げられた渡海とその母親の心境を書いています。

『母親から渡海へ1つめの告白』

昔、佐伯は幼い渡海を見た時「医者になるにはやさし過ぎて弱い」と判断しました。「生活の面倒は、全部私の方で見るので、お母さんは必ず強い大人になるように育てて下さい」と頼みました。

理由として、弱い者が強い者になって弱者に圧力をかける様なダークヒーローが今回の主人公渡海です。ダークヒーローにさせてしまったのは、まさに佐伯と母親だったと言えるのではないでしょうか・・・。

『渡海の胸中』

幼い頃の記憶が今、よみがえってきます。

“母親が、楽しそうに笑いながら話していた人は誰だったのか・・・・”
“誰が来ていたのか・・・・佐伯だったのか・・・”
“母親は何を知っていて何を隠しているのだろう・・・”

『母から渡海への2つ目の告白』

昔、佐伯家に男の子が誕生しましたが、事情があり親友の医者の渡海の父に養父となって育ててほしいと頼まれたのです。私は本当の母親ではないのです。

『渡海の胸中』

実父が佐伯だと母親から告白され愕然とします。医者になって父の無念の死を晴らすために母と一緒に今まで様々なことに頑張ってきたのに・・・。

人生が無償に虚しくなってきます。本当はいつも強がっていた、ダークヒーローを演じるのがとても辛かったのです。

『今・母が渡海に伝えたいこと』

今は理解できないできないでしょうけれど、時が経てばこのような形をとって生きていかなければいけなかった、母の気持ちが分かる時が来ると信じています。

その時には実父と一緒に、患者側に寄り添って立派な医者になって欲しいと考えています。

※私はこのドラマの結末は、こんなストーリー展開になるのではないかと予想しています。

スポンサードリンク

まとめ

先進医療と技術、そして癒着問題と多くの問題要素をこのドラマの中に散りばめています。

このドラマ「ブラックペアン」では、原作で登場しなかった渡海の母を登場させて、違った角度から見せ場を作ったように思われます。

母親が息子の弱点だった部分を強みに変えるための愛情の注ぎ方は、一般から見ると感覚のずれも感じられます。

女性はいくつになっても強くてかわいらしさと温かさがあり、母親の登場でほっこり和むシーンも見られるかもしれません。

素顔をさらけ出せる生活の中で人間らしさが見えます。

どうしても暗くなりがちのドロドロ感のある医療ドラマに、少しの明かりを灯したかったのではと考えます。・・・が、いかがだったでしょうか。

※この記事はドラマ放送が始まる完全な妄想ストーリーになっているので真に受けないようにしてくださいね。

ただ、こういう原作とドラマの違いがあるからこそ、ドラマオリジナルストーリーが期待されるので、最終回はどのような結末や展開を迎えるのかあなたも予想してみてはどうでしょうか。

ブラックペアン見逃しはこちら

Paravi(パラビ)見放題動画とは?無料登録と解約方法を詳しく解説する!

ドラマを今すぐ見るにはこちらからクリック!

▼絶対零度・グッド・ドクター▼
AmazonアカウントでFODプレミアムに加入すると初月無料!

 

▼花のち晴れ・あなたには帰る家がある・ブラックペアン▼

 

こちらも読まれてます

ブラックペアン 放送はいつから?最終回はいつ?キャストあらすじ情報

ブラックペアン 主題歌(OP/ED)挿入歌・サントラ(BGM)音楽情報

ブラックペアンの意味とは?原作は海堂尊の小説「バブル三部作」から!?

ブラックペアン ロケ地(病院)沼津撮影場所は?この病院が選ばれた理由は?

スポンサードリンク
レクタン大
レクタン大
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする